goo

巡礼の旅 2014 5日目 高千穂 神社巡りは… その1


2014.11.10

神社巡りは天岩戸神社から。

天岩戸神社 西本宮

御祭神
大日孁尊(おおひるめのみこと)
配祀
手力男命、天鈿女命、大年神、素盞嗚尊、日子穗穗手見命、豊玉毘賣命、菅原道眞

天岩戸を御神体として御祀りしている。
大日孁尊は天照大御神の別称。なぜ別称を使っているのかは解らない。手力男命が岩とを持ってお出迎え。

高千穂

高千穂

社務所に申し込むと、天岩戸を拝観することができる。せっかくなので御参りすることにした。今のところ待っているのは僕たちだけ。待っている間に周りの写真を撮る。

高千穂

高千穂

高千穂

しばらくすると…来なければいいのにもう一組。やっと神職が現れ(おそい!)解説しながら案内がスタート。やる気のなさは仕方がないか…。撮影は禁止なので写真は無し。

この木戸から戻ってくる。逆行禁止。

高千穂

神楽殿。

高千穂

高千穂

高千穂

夜神楽で見たのと同じ切り絵が下がる。

高千穂

社殿。

高千穂

高千穂

高千穂

古代銀杏はここと諏訪の二ヶ所にしかないといわれている。
ネットを見ると桜ヶ丘聖地霊園に苗木が植樹されたとか。まったく余計なことを…。

高千穂

御神木 招霊(おがたま)の木。天岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が手に持って踊ったのがおがたまの枝。

高千穂

高千穂


高千穂


高千穂


高千穂

さざれ石。

高千穂


天安河原

御祭神
思兼神(おもいかねのかみ) 
八百萬神(やおよろずのかみ)

天岩戸神社西本宮から徒歩約10分。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸にお隠れになった際、八百万の神が集まり相談したと伝えられる大洞窟。
別名「仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)」。
もともとこの場所に石を積む行為には何の意味も無いのに、賽の河原と勘違いでもしたんでしょうか。異様な風景が広がっている。

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂

これも甌穴。

高千穂

高千穂

高千穂

高千穂


天岩戸神社 東本宮

御祭神
天照皇大神

西本宮から歩くと遠いので、岩戸川の対岸にある東本宮へは車で移動。西の手力男命に対し、東は天鈿女命がお出迎え。しかもシャンシャンシャンと動く。

高千穂

高千穂

高千穂

拝殿。

高千穂

本殿。

高千穂

本殿裏にある御神水。

高千穂

高千穂

七本杉は根が七本繋がっている杉の木。木の下までは立ち入り禁止のため行けない。

高千穂

高千穂

高千穂

綺麗に並ぶ石段。

高千穂

高千穂

次は八大龍王水神社。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォートラベル
海外ツアーの検索

旅の質問がありましたらコメント欄からどうぞ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 巡礼の旅 2014... 巡礼の旅 2014... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。