凛大姐&小姐的極楽日記!

今日一日、よいことがありますように!

恋する惑星・天使の涙

2005-07-09 | 一応メイン・金城くん応援
ということで、もう数え切れないぐらい見た「恋する惑星」

この作品は、私の映画人生を変えたといっても過言ではありません。
それまで、中国の「第五世代監督」の作品は見ていましたが、
香港ムーヴィーに関しては「アクションorカンフーでしょ」
と、浅はかな思い込みしかなかった私。

が、「恋する惑星」の予告編を見て、その浅はかな思い込みは
見事に転覆させられ、琵琶湖の湖底に沈められたのでした。
(なんのこっちゃ・・・)

「そのとき彼女との距離は0.1ミリ。57時間後僕は彼女に恋をした」
「パスワードは?」「一万年愛す」

もう、予告編で完全ノックアウト。

昔見たときは、前半の「金城くん×ブリジット・リン」のエピソードより
後半の「トニー・レオン×フェイ・ウォン」のエピソードの方が、
インパクトも躍動感もあるし、なんといってもフェイの奇想天外な
キャラクターが可愛くて面白いと思いました。

でも、昨年何度も見直し、深く惹かれたのは、前半のエピソード。

金城くんは、5年付き合った彼女にフラれ、自分の誕生日が期限切れの
パイナップルの缶詰を毎日1個買い続けます。パイナップルは彼女の好物。
誕生日までに彼女が帰ってこなかったら、自分の恋も期限切れ。
そして、金城くんは思います。



「どんなものでも期限がある。・・・この世に期限のないものはないのか?」
「僕は確信した。メイにとって、僕は缶詰と大差ないってことを」

これって、すっごく重たいセリフ。
トニーに言わせてたら、メチャクチャ沈みそう・・・(笑)
でも、カーウァイは、金城くんにこのモノローグを実にサラリと
言わせています。そして、金城くんは別に自嘲的になるわけでもなく、
厭世的になるわけでもなく、前向きに、かつ、かなりベタに謎の金髪女性
を口説きに行くわけです。

「パイナップル好き?」(広東語・日本語・英語・北京語...しぶとい)
「今の君に必要なのは、男の優しさだ」(う~ん!ベタだわ!)



昔見たときには、この金城くんのキャラクターは単なる「天真爛漫お茶目男」
でしかなかったのですが、昨年、何度も見直しているうちに、だんだん
見方が変わっていきました。

金城くんは、失恋を通して「なんにでも期限がある」ということを思い知る
わけですが、同時に「この世に期限のないものもあるんじゃないんだろうか?」
という思いも捨てきれていないのです。
そして、「ぼくはパイナップルの缶詰と同じ」と気づいても、自嘲的にならないのは、
「たかがパイナップル、されどパイナップル」・・・人間、パイナップルが原因で
口が利けなくなることだってあるのです。

エピソードの最後で、彼は「期限のないもの」をみつけます。

「彼女は忘れられない人となった。この記憶に期限がないといい。
あっても、一万年ならいいけど・・・」

そう、なんにでも期限はあるけれど、人の思い出には期限はない。
そして、思い出によって、人はそれぞれ「特別なパイナップルの缶詰」
をひとつ、またひとつ作っていくのだと思うのです。

人間、思い出の中で生きていくことはできません。生きている限り、
時間は進むし、前を向いて歩いていかなくてはならない。
でも、「期限のない思い出」によって、人は深みや温かさを得ていく
のだと思うのです。

この「期限」と「思い出」は、「恋する惑星」とコインの裏表の関係に
ある「天使の涙」の金城くんのキャラにも引き継がれています。



殺し屋レオン・ライが、エージェントをはじめ、世間のすべてから距離
を置いているのに対し、金城くん演じるモウは、口が利けないのに関わらず、
父親とも、失恋娘とも、「店」の常連とも、エージェントとも、肌の温かみ
を感じる距離で接しています。

レオンも金城くんも、世間からのはみ出し者なのは同じだけれど、違う点は
「思い出」に対する姿勢。
レオンは、昔会った女の顔も覚えていないし、しばらく一緒に暮らした金髪娘
のこともすぐに忘れるつもり。だけど、金城くんは、父さんの60歳の誕生日
のことを鮮明に覚えているし、父さんのステーキの味も決して忘れない。

相手の温かさ、自分の温かさを感じられる付き合いが思い出を作り、
そして、思い出を大切にしていける人間は、また温かさを持ち続けられるのだ。

「なんにでも期限はある」
「思い出には期限はない」
「過去に生きるべきではないけれど、思い出の缶詰は大切に」

昨年、何度も何度も見た「恋する惑星」と「天使の涙」から私がもらった
「缶詰」です。





コメント (25)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昨年の今頃・・・ | トップ | 中国人はすぐ歌う?~Perhaps... »
最新の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして♪ (hana)
2005-07-28 07:21:01
TBありがとうございました。

私もこの映画大好きです。

この映画をきっかけにトニーさんファンになりました♪

さらっと言うセリフの一言が本当に印象に残りますよね。

これからも遊びに来させてください。
トニー (RIN)
2005-07-28 11:54:55
hanaさん、コメント謝謝~!

「恋する惑星」の頃のトニー、若いよね!

(ま、金城くんも若いが・・・)

インファナルアフェア、2046、と、昨年は

トニー出まくりでしたね!(羨ましい・・・)

ますます渋みも出てよくなっていくトニーです。

また遊びに来てね!
初めまして (ユージン)
2005-07-28 22:52:54
トラックバック有難うございました。

更新を途切れさせない為に書いたので、

フェイ・ウォンが可愛いということしか言っていない記事になっていました。

TBがあって恥ずかしかったです(笑)



こちらの記事を読ませて頂きましたが、

脚本に注目した深い洞察が述べられていて、もっと恥ずかしい気持ちになりました。



精進いたします。ではでは

お越しやす~ (RIN)
2005-07-28 23:04:51
ユージンさん、ようこそお越しやす~。

こちらこそ、謝謝、謝謝~!



「恋する惑星」と「天使の涙」は、特に思いいれ

の強い作品なので、頑張って書きましたが、

他はアホなことばっか書いてます(苦笑)

そんな、暑い中、精進なさらなくても・・・。



また、お気軽にお越しくださいませ
深いですね。 (mela1979agosto)
2005-08-03 00:16:25
TBありがとうございます、melaです。

すご~く深いですよね、この映画。

何度も見返してみると、最初に見た時の思いとは

また違った感じになるのが不思議・・。

私も大好きな映画です!

なんかまた見たくなっちゃいました。

謝謝~ (RIN)
2005-08-03 10:24:18
melaさん、謝謝~~!

そおーなのよね、カーウァイの映画って

単なる「オシャレ映画」で片付けられない

コワサがあるのよねえ・・・。奥が深いのよー。



なので、いまだに「2046」の感想、書けない私・・・。



それにしても、冒頭の金城くんの写真、ちっこすぎるわねえ。。。

イ・ビョンホンより、金城くんの方がちっこい

ってのは有問題・・・。変えよ
重慶森林 (ponちゃん)
2005-08-21 16:09:25
えへへ、今頃こんなとこに来ちゃった。



私にとっても大切なこの2本

すぐに書き出したら、止まらなくなって

暑苦しいこと言い出しそうだったので・・。



「恋する惑星」が上映されたのは

95年の7月。ちょうど10年前になるんですね。

残念ながら2本とも映画館で見てません。



偶然レンタルビデオでタイトルにひかれて

借りたのかな?



「そのとき彼女との距離は0.1ミリ。57時間後僕は彼女に恋をした」

「パスワードは?」「一万年愛す」



これにヤラレちゃいました。ハイ。



今冷静に見直すと、どこにでも居そうな

普通のにいちゃんですよね。



大姐は中国語習ってるそうですが、

あちらの方に是非伺ってください



2046でも恋するでも北京語、広東語

入り混じってるでしょ。

特に2046なんて完全にそれぞれ勝手に

しゃべってるけど、吹き替えって手はあるにしても

ある程度理解できるんでしょうか?



日本語の大阪弁や京都弁が理解できるっていうのとは

根本的に違うような気がするのですが。



でも武も「恋する」の広東語は私が聞いても

ヘタクソって分かるけど

「左右」のDVDなんて1枚で2度おいしい

北京語も広東語も本人の声でしょう。

ちょっと横道に逸れちゃいましたね。

多謝、多謝~~! (RIN)
2005-08-21 20:17:14
ponちゃんさま



こんな古記事にコメント、多謝でございますm(__)m

私は、幸いにも映画館で、予告編、本編とも

観ることが出来ました。

予告編を初めて見たときのインパクトは今も忘れ

られませんわ・・・。

「トゥルーロマンス」を見たときに、予告編が

流れたような気がするんだけど、両方好きな作品

なので、強引に記憶を結び付けてるだけかも・・・。

予告編が流れた後、

「カネシロタケシって、ダレ???」

と、横にいた元ダンナ(結婚前)に聞いたのが、

金城くん発言の記念すべき第一声でした。

(ダンナが知るヨシもなく、「さあ?ダレだろ?」)



広東語に関しては、何人かに聞いたことありますョ。

でもね、やっぱり全然わかんないみたいです。

近い地域の人ならわかるんだろうけど・・・。

前に、中国人留学生とカラオケ行ったときも、

「広東語の曲は、歌えない」って言ってたし。

(漢字のスーパーは出るんだけど、発音がわかんない

んだとおもう・・・)

私達が、沖縄や、東北の地元同士の人の会話が

全然わかんないのと同じ(っていうか、もっと

わかんない?)んじゃないでしょうか・・・。

中国、広いですもんネ。



あと、面白かったのは、中国語の先生に、他のオジサマ

が「日本では、漢字の読み方や書き方がわからない

場合は、ひらがなで書けるけど、中国はどうするんです?」

って聞いたんですね。そしたら、先生が

「それは、文盲になりますネ」って言ったので、

びっくらしますた。
こんばんわ (いみん)
2005-08-23 20:50:59
コメントレス遅くなりました。

そしてリンクありがとうございます。(私のような放置腐れブログ)



私もこの映画劇場で鑑賞その後DVDを買い(これなかなか売ってないんですよね)何度も鑑賞しています。



自分も若いころは後半のフェイのエピソードの方が好きだったのですが、何度も観ていると前半の方が好きになるんですよねー。





で繰り返し観てしまう時期ってのが自分にはあるんです・・どんな時かっていうと好きな人が出来たとき・・(恥ずかしい・・)

恋愛期間中じゃなくてその前の時、

で・・・最近また「恋する惑星」をみるようになっているんです。まぁちょっとした片思いってやつです(いい年して・・)

RINさんも離婚一周年ってことでまたいい恋愛どんどんして下さいね。



上のコメントに「トルーロマンス」のことが書いてあったのですが、この映画も凄く好きです。

ちなみにあと「あの頃ペニーレインと」が自分の恋愛映画ベスト3です。
多謝でございま~す (RIN)
2005-08-24 01:00:37
いみんさま



コメント多謝でございますm(__)m

私もDVD入手に手こずりました。

オークションでも、値段すごく上がってますよね。

ま、ビデオは前から持ってたんですけど・・・。

でも、やっぱりDVD欲しくなりますよね。

なんの特典映像もついてないんだけど・・・



あー、恋愛期間中じゃなくて、その前後に見たく

なる気持ち、よくわかりますわ・・・。

カーウァイの作品ってそういうの多いですね。

なんだろな?孤独と人肌の温かさと両方描く

監督だからかな・・・。



>まぁちょっとした片思いってやつです(いい年して・・)

いえいえ、片思いが実は一番美しいような気がしますわ

ふふふ、片思いのお相手がいらっしゃるんですね

羨ましゅうございますわ

あ、それでブログ、放って置かれたんじゃ

ないですよね?



「トゥルーロマンス」は、私もベスト3に

入れますね

サイコーです、あれぞ、純愛!!

そのうち、記事に書きますワ

片思いのお相手と、「トゥルーロマンス」ばり

の、バリバリブッ飛び純愛に発展されることを

お祈りしておりますワ

コメントを投稿

一応メイン・金城くん応援」カテゴリの最新記事