凛大姐&小姐的極楽日記!

今日一日、よいことがありますように!

東日本大地震

2011-03-16 | 徒然草
この度、震災に遭われた多くの方々に心からお見舞い申し上げます。

現在、被災地で救助活動、復旧作業にあたられている方々の勇気に
心から敬意を捧げます。

また、地震で相当な被害を受け、停電などで不自由な状況にも関わらず
「私たちは大丈夫です」と口をそろえておっしゃる関東チームの皆様にも
本当に敬意を表したいです。

余震が続き、原発の行方や日本経済の行方もわからない状況で、皆さん
本当に大変だと思うのですが、「もっと大変なところがあるのだから」
とおっしゃいます。

私たち、西日本チームは無傷ですが、「西日本でなくて良かった!」
と思っている人はいないと思います。
直接的・間接的に阪神大震災を体験している人が多いので、
「あれでもあんなに怖くて大変だったのに・・・」と皆絶句しています。

でも、無傷の私たちが、今頑張って働いて、今後の復興の余力になりたいと
思っています。

こんな形でブログを再開することになるとは思ってもいませんでした。

未曾有の大被害の中、ブログの更新をストップされているところが多いです。
誤った情報を流さないため、不謹慎な内容を書かないため、節電への配慮、
いろいろ理由はあるかと思います。

が、うちへのアクセス数は、地震後増えています。
(閉館中も、ずっとアクセスし続けてくださった方々に本当に感謝です)

私も、こういう中でブログを再開することに躊躇を感じるところは
多々あります。
でも、この地震で私自身いろいろ本当に考えさせられています。
また、今の私からの発信がなんらかのお役に立つ部分もあるかもしれない
との思いで、とりあえず、今、投稿しています。

いろいろな情報が錯綜していますが、今、被災を免れた私たちが
考えるべきことは、「物(人)」の支援と「心」の支援だと思います。

「物」の支援に関しては、ほぼ日の糸井さんの意見に私は賛成です。
お金のことは本当に言いにくいし、反論を覚悟の上でのこの発言は
とても勇気がいったと思います。
また、あらためて「従来感覚ではいけない」ということを考えさせられました。
 
   糸井さんの意見はコチラ
    


ブログ閉館中、昨年度から、私は大学院に戻っています。

災害、大事故などの直後に提供できる、心理的支援のマニュアルとして
現在一番適切なものは以下だとのことです。

   サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き

心理学などに関心がない方にも、今回のような事態の中で、
参考となる部分が多々あると思います。
少なくとも、私は非常に参考になりました。

特に、今回の件に関係なく、人生全般において大切だと思ったのが以下です。
(以下抜粋)


 ・穏やかに話してください。忍耐強く、共感的で、思慮深くあってください。

 ・憶測しないでください。あるいは不正確な情報を提供しないでください。
  被災者の質問に答えられないときには、事実から学ぶ姿勢で最善を尽くしてください。

 ・かれらの孤立無援や弱さ、失敗、障害に焦点をあてないでください。
  それよりも、災害の最中に困っている人を助けるのに役立った行動や、
  現在他の人に貢献している行動に焦点をあててください。

 ・しばしば、サポーティブで穏やかな態度でただそばにいることが、人々に安心感を与え、
  自分で対処できるという感覚を高めます。

被災のさなかにいる方々から見れば、「そんな悠長な場合じゃないよ」と思われる内容かもしれません。
でも、そういう事態であればあるこそ、忍耐強く、共感的で、思慮深く、穏やかで
いたいと思います。

そして、さまざまな情報が錯綜する中でも、憶測せず、事実から学ぶ謙虚さを持ち続けようと思います。

そして、自分自身もふくめ、ネガティブな部分ではなく、ポジティブな部分を大切に
したいです。

最後が一番、私の心にささった箇所です。
何もできない中でも、サポーティブさを持ち続けること。

サポーティブさを持ち続け、いざ自分が必要とされたときには
すぐに動ける状況を作っておきたいと思います。



コメント   この記事についてブログを書く
« 再見! | トップ | え・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然草」カテゴリの最新記事