凛大姐&小姐的極楽日記!

今日一日、よいことがありますように!

クラスにひとり~マルチュク青春通り~

2005-09-13 | 映画(韓流)
どう見てもオトコマエとは言いがたい あなたがなにゆえ大人気??? と、ず~~っと思っていた、クォン・サンウくん。 あ、ファンの方、読んでらっしゃったら対不起~~  これからフォロー入れますから(うん、たぶんフォロー・・・) しかし、この映画を観て、なんとなく解りましたわ。ということで、わたくしが クォン・サンウくんにつけたキャッチコピー!(あれ?要らない??) 「クラスにひとり クォン・サンウ!」 あのサ、クラスにひとり・・・ということは、私が通っていた高校は一学年 11クラスあったから、全校で30人以上っ! 1つの高校に金城くん並みのオトコマエが30人以上もいたら大変ですよねっ! でも、クォン・サンウくんなら、30人いても、全然違和感ないっす。 別に飛びっきりのオトコマエでもないし、オーラキラキラタイプでもないし、 夏休みに入るまでに、 クラスの半分にはまだ名前を覚えてもらえないタイプ。 でも、2学期アタリから、「結構バスケ上手いじゃないか!おやおや?」 と注目をあびはじめ、学園祭あたりで、「走るのも速いじゃないか!おやおや?」 と、さらに注目度を集める。 よく観察すると、友達思いだし、優しいし、イザって時にはビビリながらも勇気 を出すし、純な感じも好感度高! ってことで、だんだん 「わっ、今度の席替えで、クォン・サンウくんの隣だわ!」とか 「修学旅行、クォン・サンウくんと同じ班にならないかしら?」とか、 クラスの1割ぐらいの女の子が、好きになっちゃうタイプなのです。 近所でも、いつも伏目がちながらも「おはよーございます」と挨拶するタイプ。 「○○さん家のクォン・サンウくんって、背だけは伸びてるけど、小さい頃と 変わらず、シャイで可愛いわよね」 と、オクサマズにも、人気が高いのです。 というわけで、 「クラスにひとり クォン・サンウ」 「近所にひとり クォン・サンウ」 なんか、ドコにでもいそうなふつーっぽさが、 共感を呼び感情移入させやすいキャラを作り出してるわけですね。 「こんなカレシが・・・」「こんな弟が・・・」「こんな息子が・・・」 と想像しても、「妄想」っぽくならないところが、 人気の秘訣なのですね。(あれ?間違ってます???) というわけで、この映画、「マルチュク青春通り」 見事にオトコマエはひとりも出てません。 ケンカが強い番長でプレイボーイな親友役という、絶対にオトコマエでないと 務まらないはずのウシク役を演じるイ・ジョンジン どう頑張っても「中の上」の評価しか私には出せません・・・ (「オトコマエ保存委員会」委員長だしね) 相対する、悪役=風紀委員長も、普通ならもっと目立つタイプを配置 (思いっきり悪役レスラー風or思いっきりオトコマエ) するのが、常道なのに、ずーとるびーのメンバー(名前忘れたよ・・・) そっくりの、オーラナッシングさんです。 しかし、このふつー路線でメンバーを固めているがゆえに、青春モノに つきものの「暑苦しさ」「おしつけがましさ」が全然ありません。 また、韓国映画によく見られる、 「高校時代美化炸裂!→お涙頂戴いたします」路線もないです。 ホントに、ああ、どの時代、どこの国(学ランだから、特に日本はね)でも ありそう・・・って感じの、後味サッパリ、見心地のいい作品になってます。 恋するハン・ガインちゃんが、傘に飛び込んでくるシーンも、 「バンジージャンプする」みたいに、劇的シーンにはならず、さらっといかにも 「明日、わが身にも起こるかも・・・」 と思わせるのは(あれ?思わないですか???)、 クォン・サンウくんの「クラスにひとり・・」キャラゆえです。 おとーさんとケンカし、恋も実らず、「あーもう死んじゃいてー」と思っても、 おウチに帰って翌日も登校するへタレぶり・・・ 「近所にひとり・・」っぽくて共感しちゃいますよね。 ブルース・リー目指して猛特訓!とうとう、ずーとるび風紀委員長と対決! のときも、脱ぎ捨てた学ランがパッと空に舞ったりしません。 反則のフライングヌンチャクしちゃいます。このあたりも、元へタレ、 「つい、勢いたってしまいました・・・」って感じで、共感度大! さらに、屋上決闘シーンで、「家政婦は見た!」の息子=行方不明の親友が 「助っ人に来たぜっ」 と、現れたりしません。風紀委員長にボコボコにやられてメンツ丸つぶれに なって、行方不明になったまま、最後まで消息不明です。 この辺も、現実味がありますよね。 あと、ラスト近くで淡い青春の恋のお相手、ハン・ガインちゃんとバスで 再会するシーンも、リアルでいいですねえ。 あそこで、思い出の曲がバ~~~ンと流れて、見つめ合うふたりのカットで ~THE END~・・・ だったら、ちょっと「オイオイ、また韓国純愛路線かよお」 と思ってしまいます。髪も伸びたクォン・サンウくんと、ちょっと疲れた雰囲気 を漂わせるハン・ガインちゃん・・・。 お互いオトナになって、軽く会話をかわして終わるだけ。 淡淡した想いは、心に残るけど、こういうあっけない終わり方のほうが、 青春の恋としてはリアルですよね。 それから、途中から、思い切り「イヤなヤツ」路線に走ったハンバーガー (まあ、ブサイク筆頭だし、頭も悪いし、ケンカも弱いし、仕方ないよね でも、硫酸はやりすぎだよぉ~~) と、予備校で再会して、「酔拳」でふざけあって終わるラストがなんとも いいです。 「ひとつの時代」は終わったけど、こうして時間は進んでいく・・・ って感じで・・・ ブルース・リーになりたい高校生といえば、金城くんも 「トラブルメーカー(臭屁王)」でやってましたね。 あれは、どう見ても、金城くんではなく、ン・マンタおじさんが主役だよね。 そそ、わたしの隠れ恋人 (久々の登場っすね) の監督っす 金持ちのオジサンを装い、盲目の女の子に親切にしてあげる ン・マンタおじさん・・・。至福のとき」の設定は「トラブルメーカー」のパクリだと思うのは 私だけでしょうか??? ちなみに、金城くんは、クォン・サンウくんと違って、最後まで「へタレ」 です。うんうん、いいの。 「へタレでもいい。オトコマエに育って欲しい」 ってことで、オトコマエがひとりも出演しなかった学ラン集団に、 オトコマエ学ランを、エキストラでこそっと混ぜておきます・・・。          ナンデ学ランと雑誌みたとき思ったんだけど、この記事の オチのためだったのですね・・・ ありがとう、金城くん

コメント (27)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« きょうは、五・七・五!(七... | トップ | うーん・・・メゾン・ド・ヒミコ »
最新の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんと (猫姫)
2005-09-14 02:42:16
ぶ男!

でも、お国じゃ、良い男なんじゃないの??

今度この勢いで、

あたしの忠信の記事、お願いしま~す!
韓流俳優を (るる)
2005-09-14 02:53:17
スチルでみてはいけません。

動いてないと。

「なーにが「ぺ」だ!」と思ってた私ですが、

あやうく冬ソナ第一話でオチルとこでした。

韓流は雰囲気命!でしょう。

ジウ姫だって、素で見たら菜々子にしか見えないもん。
ぷぷぷ (瞳)
2005-09-14 08:25:25
最初の出だしで大笑い&共感してしまいました!

はじめまして、瞳です。

いつも楽しく拝見させて頂いてました。

と言っても、アホウな私には解らない名前や

単語もしばしばなのですが・・・(汗)



武が好きでここにたどり着いて、姐の文章力に

思わず引き込まれていっちゃいました!

最後の学ランは、今日の為だったのー!?

って仰け反って萌え~しちゃいました!



私も、韓国勢、特にこのクォン・サンウに関しては

?????????って思っておりました!

「皆~!目、大丈夫~?」って・・・(笑)

で、彼の作品見たこと無いんですけど、

姐の「おやおや?」に期待?して今度映画でも

見てみようと思いました。



初コメントで長文、失礼しました。。。

荒らされるよ~~ (ミチ)
2005-09-14 08:33:18
RINさん、この記事がクォン命の方々のお目に触れないことを心より願っております(爆)

クォンって「オトコマエ」ではないの?

今すっごくブレイク中だからさ~、彼だけを扱う専門店も東京に出来たというじゃないですか!



ウシク役の子はブレイクする遙か昔のヨン様によく似てて、磨けば光ると思うけど、もうちょっと個性が欲しいかも。



敵役に似てたのは、ずーとるびの新井君じゃなーい?



で、RINさんが「オトコマエ」と判定する韓流スターは誰~?

どもです♪ (RIN)
2005-09-14 09:33:21
猫姫さま



「父と暮らせば」で、忠信触れたじゃないっすか

忠信ねえ・・・。書きにくいんですよお。

演技派だけど、私的オトコマエではないし

イイ役者なんですけどねえ・・・

マヌケっぽさがないでしょう??隙がないんすよお。

永瀬くんとセットだと書きよいかなあ。

まあ、またトライします、らじゃっ!



るるさま



えっ?!「冬ソナ」見てらっしゃったんっすか???

よくわかんないなあ~

金城くんの映画もドラマも見てないのに、ナンデ

「冬ソナ」見て、しかも「落ち」かけるんっす??

「四月の雪」も観にいくんですかああ???

ホ・ジノ監督好きだから、ちっと落ち着いた頃を

見計らって行こうかなあ、と、私は思ってますけど。

しかし、金城くんと、ヨンさまと、共通項あるかなあ???

ホント、わかんないなああああ・・・
どきっ! (RIN)
2005-09-14 09:40:23
瞳さま



どうもはじめまして、コメント多謝でございます♪

見慣れぬ名が、コメント欄にあったので、

「あちゃクォン・サンウファンさま

からのご攻撃?」と一瞬思いましたわ

武迷さまでいらっしゃいますのね、ホッ

クォン・サンウくん、なかなかヨイですよ。

演技も上手いし・・・。それに、この映画テンポも

ヨイし、ジメジメしたところもないし、結構ぷぷっと

声に出して笑ったり、うんうん、共感したりして観られます。

気分転換にお勧めの一本です。当分、金城くんは出てきませんしね

たまには、「非オトコマエ」の魅力を堪能するのも

ヨイと思いますよ!

「如果・愛」日本公開いつにするんサ?
あれ??? (RIN)
2005-09-14 09:59:33
ミチさま



コメント書いたのに、消えてしまいました

ああ、クォン・サンウファンの方が荒らしに見えたのでしょうか

あれえ??あんなにフォロー入れたのに・・・

キャッチコピーまでつけたのに・・・

クォン・サンウくんは、「正統派オトコマエ」ではないでしょう。

でも、確かにカワイイし、(従弟とかにいたらいいかな?あ、遠いですか

「個性派」と無難なまとめ方にしておきます



ああ、ずーとるび、新井くんですか?

小さい頃だったので、ウロオボエ(まあ、最近のこともウロオボエ

なんですけど)で、あいまいなんですけど、

映画に出てきた瞬間「あ!ずーとるびだっ!」と叫びそうになりました。

韓流オトコマエは、チョン・ウソンでございましょう?
やっぱり (ミチ)
2005-09-14 12:08:39
嵐発生ですか~?

ブログぶっつぶされるかも!

チョン・ウソンって「私の頭の中の消しゴム」の人?

うーーん、たしかに綺麗な顔ですね。

こうやってお話ししていると、私の「オトコマエ保存委員会」とRINさんの「オトコマエ保存委員会」では中身が随分違うような気がしてきましたーー



あ、遅ればせながら、金城君の学ラン姿アップしていただきありがとうございます。

出来るだけ多くの男優の学ラン姿をこの目に焼き付けたいです(どーいう趣味?)

ちゃうちゃう! (るる)
2005-09-14 12:38:22
冬ソナ、一話だけ話のネタに見ただけです。

別に「ぺ」迷ではないので、成田にも並ばないし、

「四月の雪」も見ないですよ。

そこんとこ、誤解のないようによろしくね~。



ちなみに私が映画館へ行かないのは、ひとえにめんどくさいからです。

行こう行こうと思ってるうちに終わっちゃってるの。



だいたいが日本の連ドラでさえ、

再放送でしか見れないのに(一週間が待てない・・・(^-^;)

韓国ドラマみたいに、

あんなあらすじ聞くだけでじれじれ、うっとおしい話、

私の忍耐がついていかない~。



「オチかけた」ってのは、冬ソナを実際に見て、

ハマるおばちゃんの気持ちがわかるなーと思ったの。

ちなみに私はパク・ヨンハにどーしても納得いかなかったけど、

冬ソナのいい人役見て、少し納得しましたもん。

つまりは韓国人俳優は濃くないとゆーか、

素直に役と同一化して見れるから、

ファンは俳優に惚れるとゆうより、役に惚れるんじゃないかしらと。

たとえばヨン様のファンは

いつまでも「冬ソナ」のイメージだから、

七三分けのヨン様を受け入れられないんでしょ。

「短くても長くても武だからいーわ」てのとは、

ちょっと違う気がするのよ。



だから韓国俳優は「写真」でなくて「動画」で見ないとダメなのよ。

武ちゃんみたいに「写真」映えするタイプはいないのよ。



って、韓国では武ちゃん人気どうなんだろう・・・?
いえ・・・ (RIN)
2005-09-14 15:48:08
ミチさま



今のところ、嵐到来はないようですわ・・・

黙殺されているのか、それともクォンくんのように

密かにトレーニングされているのか・・・

わたくしの場合、顔立ち+体型も大事です。

オダギリくん、好きなんだけど、もう少し、ガッチリ

して欲しいかなあ~~。正統派オダギリくんファンの方は

あの、細いラインがお好きなんでしょうねえ

しかし、学ランの高校、減りましたねえ。

今後もどんどん減り続けていきそうです。まあ、着る方的には

暑いんでしょうけど・・・。見る側は残念です



るるさま



金城くん、韓国でも人気高いんじゃないですか?

CMも出てるし、今回、急遽途中から、チ・ジニさん

入れたのも、韓国市場狙ってでしょう??

わたしも、韓流の方々はよくわかんないけど、やっぱり

役者そのものに惚れてるんだとおもいますよ~。

ビョンホンとか、かなりいろんな役に挑戦してるし。

あのね、金城くんも「動画」で見なきゃダメっすよ

わたしは、スクリーンで動いてしゃべる金城くんが好きなのですよ~~

映画に戻ってなきゃ、「落ち」てないし、TV出演

続いていたら、「リタイヤ」してると思います。

スクリーンだと、存在感出るんですよね。駄作でも・・・

(駄作、多いよなあああ~~。ホントに厳選してんの???ま、いいけど・・・

TVでカッコよく見えるタレント、役者は多いけど、

スクリーンで映える役者ってすくないんですよね。

だから、金城くんがウチの「オトコマエ」筆頭なんですの

コメントを投稿

映画(韓流)」カテゴリの最新記事