凛大姐&小姐的極楽日記!

今日一日、よいことがありますように!

チャン・チェンご登場!~愛の神 エロス~

2005-07-20 | 映画(頑張れ、華流!)
金城くん以外の台湾明星(?)にもご登場いただこうという
ことで、今回は、同じく台湾出身のチャン・チェンのご登場です!

今年もはや半年を過ぎましたが、この上半期で「My Best」
なのが「愛の神 エロス」です。
といっても、カーウァイ監督の「The hand (もう、これは
フランス映画の二番煎じみたいな邦題は不必要!)」のみ。
あとの2作品なしの1時間ほどの「The hand」だけで十分!

出演は数多くの出演者がひしめきあった「2046」でも
貫禄と存在感を見せつけた、コン・リー姉さんと、チャン・チェン。
「花様年華」と同じく、ほとんど二人芝居状態です。

やっぱり、カーウァイは少数精鋭役者で撮る方が断然いいですね。
「2046」は、出演者が多すぎて、一人一人の印象が薄れてしまい、
残念でした。(チャン・チェンも影薄かったし・・・)

さて、始まって早々、ズボンもパンツも脱がされるチャン・チェン・・・。
このときのコン・リーの手が美しいこと!「2046」で、
コン・リーが黒手袋をしていた理由が判明!この映画のための
出し惜しみだったのね!
映画をごらんになっていない方の為に一応言っておきますが、
パンツを脱がされてもモザイクかかったりはいたしません(^^;

この後続く2作品と異なり、カーウァイの「The hand」では
一切モロ出しなし。このあたりが、やはり、東洋の「エロス」
と西洋の「エロス」の違い?谷崎潤一郎の「陰影礼賛」では
ありませんが、やはり「隠す」美学が感じられます。

最後まで結ばれない二人ですが、自らの「手」でチャン・チェンを
一人前の仕立て屋に育てるコン・リー。。
そして、みずからの「手」で、コン・リーの衣装を作り、愛し
続けていくチャン・チェン。「手」だけで、これほどまでに
美しい愛が描けるのね・・・とため息。

「手」だけを通して交流していくふたりが、ラスト近くで抱き合う
ところは、本当に切ない。
そして、ラスト「私にはもう『手』しか残っていない」と、再び
チャン・チェンを「手」で愛すコン・リー。病気が移らないよう、
必死でチャン・チェンをさえぎるコン・リーの「手」は、冒頭以上に
美しく哀しい・・・。

それにしても、コン・リーは「38時間ぶっ通しで撮影したシーンが
ある」と言ってましたが、どのシーンなんだろう?冒頭のシーン?
だったら、チャン・チェン、大変だったでしょうねえー。

しかしホント、大御所コン・リーに全く引けをとらずに堂々と演じている
チャン・チェン、お見事です!これから、ますます楽しみなオトコマエで
ございます。

コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 伝説的市川雷蔵 | トップ | バタフライ・エフェクト~あ... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お邪魔します。 (く~)
2005-07-20 22:22:34
RINさん、blogオープンおめでとう!!かな?



まだまだ、金城君一筋で韓流・台湾香港明星にも

気持が行かない私です(^^;

でも↑は見て見たいかなぁ~、なんて(^^)

謝謝~! (RIN大姐)
2005-07-20 23:28:00
く~さん、ようこそお越しやす<(_ _)>

コメント残してくださって、どうもありがとうございます。



チャン・チェンはなかなかのオトコマエでございますよ。

お薦め、お薦め!



特に、「愛の神 エロス」は絶対お薦め!

(ただし、残りの2作は眠くなるかも。。。)



また遊びに来てくださいませ
あたすもお邪魔します。 (koi)
2005-07-21 02:51:54
RINさん、ブログ開設おめでとうございます!!



えーっ!チャン・チェンって台湾出身だったんですかー!

って、考えてみたら武ちゃん以外、誰が台湾出身かよく知らないあたす…。

う~ん、確かに「ブエノスアイレス」でもチャン・チェン、台湾が実家だったような…なんて;



「The hand」、あたすにとってチャン・チェンの存在を確認するよい映画となりました。

ホンと、これからも楽しみなオトコマエですね。
TBありがとうございました (ミチ)
2005-07-21 08:04:31
はじめまして~。

3部作などと言わずに、この「The hand」だけで充分でしたね~。

ま、東洋と西洋のエロスの比較という意味では面白かったですが。

やっぱり「隠してなんぼ」ですよね!

ホントに余計な日本語訳題名でなく原題のほうがよっぽどエロティックだと思います(笑)
ありがうございます! (RIN)
2005-07-21 10:00:30
Koiさん、ようこそおこしやす~!

そそ、チャン・チェンは台湾出身でございます。

ですので、一時期、兵役でスクリーンから遠ざかっていましたが、

ほんとにこれからの活躍が楽しみですね!

しかし、ホント、台湾はオトコマエの宝庫ですねえ。

金城くんもそうですが、やっぱり北京語しゃべって

くれる方が嬉しいですね。



ミチさん、はじめまして!

こちらこそ、TBどうもありがとうございます。

ホント、邦題はセンスないですよね。

(まあ、ある意味「そのまんま」って感じですが)

DVD、3作別売りにしてほしい・・・。



koiさん、ミチさん、また遊びに来てくださいね!
張震 (ponちゃん)
2005-07-23 15:43:58
はじめまして。ponちゃんと呼んでください。

tkmを読んでやってきました。

武迷なのですが、王家衛のファンでもあり、

チャンチェンずっと気になってました。

ブエノスアイレスの放浪青年良かったものですから。



渋谷に「エロス」見に行きました。

コン・リーって今まであまり好きではなかったのですが、

参りました・・・。アジアのエロスですね・・・。

撮影はSARSの猛威の中、ロケ地も限定され、

役者同士の接触も極力控えて、行われたそうですが、

そんな苦労を微塵も感じない作品でした。



最近、華流ブームとかで台湾明星の本も多いですが、

チャンチェン全然紹介されないんですよねー。

悔しいです。

余談ですがF4のドラマ「流星花園Ⅱ」でケン演じる

西園寺のお父さんてチャンチェンの実父だって

知ってました? おしゃべりでゴメンナサイ!!

またお邪魔します!!
はじめまして~ (RIN)
2005-07-23 16:32:38
ponちゃん、はじめまして~!

お越しくださって、どうもありがとうございます~。

「ブエノスアイレス」のチャン・チェンもよかった

ですよね。清涼剤的な役回りで・・・。



SARSは、結構映画界に影響を及ぼしたようですね。

「LOVERS」でも、中国から出られずにチャン・イーモウ

監督、イライラしてましたよね。映画撮影って大変なんですね。



チャン・チェンの親も映画関係者だっていうのは

知っていたんですが、「流星花園Ⅱ」にも出ているとは初耳!チェック、チェック!



また遊びに来てくださいね~!
TBありがとうございました (こまったちゃん)
2005-07-24 16:25:49
gooのエロ用語チェックによりTBが貼れないようなので、こちらにアドレスを貼らせてください。

私もチャン・チェンが台湾の役者さんだとは知りませんでした。今後の活躍が楽しみですね(^^♪



http://blog.goo.ne.jp/komatta1119/e/c4af74045ece406b17b43c1ac136e5d9
あらあら・・・ (RIN)
2005-07-24 20:31:34
こまったちゃんさん、こんばんは~。

あらあら、エロ用語チェックに引っかかりましたか。

「こまったちゃん」さんのブログはそっち方面の

ブログじゃありませんので、皆様安心して

見に行ってくださいませ。



チャン・チェンと金城くんの共通点。



「生まれが台湾で、てんびん座で、血液型O型」

台湾生まれで、てんびん座で、O型のオトコは、

皆、オトコマエなんだろうか???



統計取られた方いらっしゃったら、教えてください。

(おるかいな・・・)

ハンドマジック (みほ)
2005-08-30 11:51:28
“手”ってエロいですよね~

あらためて、このお題で“手”をハイライトしたカーウァイの感性にやられました

エロスはアジアにまかせろ!って感じです



ところで、ところで・・・

エロ用語チェックってなに?

そんな機能がGOOにあるのですか?

うちのエレガントなブログは、そんな機能で守られていたのですね

コメントを投稿

映画(頑張れ、華流!)」カテゴリの最新記事