凛大姐&小姐的極楽日記!

今日一日、よいことがありますように!

大偵察「SPIRIT」

2006-02-23 | ウチの弟&義弟応援(周杰倫&陳冠希)
「SPIRIT」の主題歌、ウチの弟=周杰倫の曲、「霍元甲」
日本公開版では差し替えられている!? 詳細はこちらをクリック
との真相追究!の為、23日大阪まで試写会に行ってきました。

試写会では、かなりデカイパンフ=トップ画像
(公開後に売られるものと同じかどうかは不明)
チラシが配布。
チラシは旧バージョンみたいで、日本版の曲名やアーティスト名などは
書かれていません。パンフも、「梅林茂 音楽」と書かれているだけ。

一生懸命目を凝らして隅々まで見ましたが、「周杰倫」の名前もない代わりに、
日本版のアーティスト名、曲名も書かれていない・・・。
事前抗議を避ける為か???

そんなことをアレコレ考えている間に、場内暗くなって、上映開始!

冒頭シーンは、ウチの弟のMVと同じ、少女軍団(?)が太鼓を叩くシーンです。
もしかして・・・もしかしたら、ウチの弟の曲のままかも???
チラシも旧バージョンだし・・・。

先に結果をお知らせします。

ウチの弟=周杰倫の「霍元甲」
一切流れませんでした・・・

対戦シーンなどは、梅林さんの曲が流れるだけです。
で、問題のエンディング・・・。

やはり・・・。全然雰囲気に合わない日本語の曲が流れる・・・。

「頭文字D」では、吹き替え版も、手抜きだったのかなんだったのか、
エンディングロールで流れてもいないのに

   周杰倫 一路向北
   周杰倫 漂移

という文字が流れました。が、今回、頑張ってエンディングロールの
隅々まで見たつもりですが、

   周杰倫 「霍元甲」

文字は見当たりませんでした。

でも、日本版の曲名も出ないな・・・と思っていたら、エンディングロール
終わった最後に、ドッカーンとでっかく
 
  [エンディングテーマ曲]
  HIGH and MIGHTY COLOR「罪」

と、ホントにデカデカと出ました。
(名前出すのもイヤなので、伏せ字にしようかと思いましたが、
検索にひっかかるよう名前出しました。ハイ、喧嘩売ってます。

中村獅童のセリフじゃないけど、
「オマエは日本人の恥だーーーっ!!」と叫びたい!


そんなにしてまで、曲売りたいのか?名前を売りたいのか?
そこまでするメリットはなんなのか???

ワーナー、SONYの責任者、出て来い!!!
(映画館スタッフしか見当たらなかったぞっっ

確かに、映画中で日本語セリフは出てきます。でも、ホントに後半だけだし、
中村獅童など日本人キャストの出番もラスト30分ぐらいだけです。
(もうちょっとあったかな???

もう、リンチェイ兄さんの辮髪見たら一目瞭然、
思いっきり中華テイストの映画です。
なので、エンディングだけ日本語の曲が流れるのは、ものすごく
違和感ありまくりです。
ウチの弟の身内びいき抜きにしても、ものすごく変です。
音楽担当の梅林さんの感性も疑われます。

唯一考えられる理由としては、劇中、霍元甲の最期の試合中に
茶が差し替えられるのです。
ハイ、日本商会のオジサンの手によって・・・。
(この茶が毒入り茶で、霍元甲は命を落とすことになります

今回の、主題歌差し替えは、「毒茶差し替え事件」のパロディ
としか思えません。
それ以外、いくら帰りの電車内で考えても、理由が思いつきませんでした。

今回は「頭文字D」の場合と違い、2バージョンあるわけではないので、
DVDでも、ウチの弟の曲は使われないまま
になってしまうと思います。

周杰倫の「霍元甲」が使われないのなら、観ない!!という
非買(?)デモもアリだとは思います。

でも、台湾プレミア試写会でウチの弟がこの映画を観た後、感想を
求められて「とても感動した・・・」と言ってたように、
実は、私も「感動した・・・」
(エンディングロールが流れるまでは・・・

なので、非買運動(観ない運動?)で葬ってしまうのも
モッタイナイ作品だと思います。
(詳細感想は、後日また。。。)

世間には「毒をもって、毒を制する」ということわざがあります。

霍元甲は、毒によって命を落とすことと引き換えに、
伝説と武術の精神を後世に残すことになりました。

周杰倫の「霍元甲」も、ダレかの陰謀というによって
葬られてしまったわけですが、
「コレが、本当の主題歌なのか!日本では流れなかった伝説の曲か!」

       
と、「伝説」になることは可能だと思います。

皆さま、「SPIRIT」を観た方、観る人には、必ず
「ホントの主題歌は周杰倫の『霍元甲』なんだよ!!」と、
知らない人にできるだけたくさん伝えましょう!そして、
「ぜひオリジナルバージョンを!」の声を高めましょう!
劇場公開には間に合わないかもしれませんが、DVDでは可能かもしれません。
私も、ワーナーに「オリジナルバージョンを!」の声を届けたいと思っています。
(方法、思案中・・・

これは、周杰倫=ウチの弟だから、という理由だけではないんです。

この映画は、毎年28万の人が自ら命を絶つ人がいて、不満だらけの若者に満ちた
現代中国へのメッセージと、李連杰の熱い想い
がこめられているからです。

映画の中で、「は相手を倒すのではなく、友好の手段にもなりうる
といったセリフも出てきます。

製作にも関わっている李連杰が、台湾人で、若者の指示が高い

     
ウチの弟=周杰倫を指名 したのには、やはりそれなりの
理由と背景があるわけです。

そういった製作背景を無視する姿勢は、映画自体への侮辱
でもあると思います。

それから、舞台挨拶付試写会に行かれる方!

     
ラスト、「霍元甲!霍元甲!霍元甲!」と、観客みんなが拳を振り上げて
大合唱するシーンがあります。
ぜひ、「李連杰!周杰倫!李連杰!周杰倫!」と、
試写会ご覧の皆さまも一緒に立ち上がって大合唱してくださいよ!!

リンチェイ兄さん、感動屋さんっぽいので、

     
日本のワーナーの恥どもをやっつけてくれるかもしれません。
もちろん寸止めです・・・。

ということで、

     

    コチラ周杰倫の「霍元甲」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ稼動! | トップ | 天才には人災・・・ »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとだったんだ。。。 (めりぃ♪)
2006-02-24 07:23:41
まじで、ガックシですね。



舞台挨拶付試写会には行く予定。

しか~し、「李連杰!周杰倫!李連杰!周杰倫!」と

合唱できるでしょうか、、、自信がありません。

でもりんちぇいは、全然違うエンディングが流れて、

ビックリしちて、倒れちゃったりしないか心配です。

コメント多謝です♪ (RIN)
2006-02-24 10:09:50
めりぃ♪さま



おはようございます、昨日寝るのが遅くなったので

眠いです

映画自体はかなりヨカッタですよ。

中盤までは、「ちょっと・・・」的なところもありましたが

後半、霍元甲が挫折を味わってからがヨカッタ・・・

久々に、中国本家本元っぽいアクションが堪能できます

それだけに。。。それだけに、エンディングの差し替えがなかったら・・・

と残念無念でなりません

しょーもない映画なら「観にいく必要ないよー」

で済ませられるんですけどね

>、「李連杰!周杰倫!李連杰!周杰倫!」と

合唱できるでしょうか、、、

一人が叫び出せば、連鎖的に広がると思うんですけど・・。

私も関東組なら、なんとしても参加するんですけど

この間、お江戸参勤交代したばかりなので、財政的にも時間的にもムリそう

頑張ってくださいっっ
オリジナルの重要性 (みほ)
2006-02-24 10:18:46
私はジェイ君のファンじゃないけど・・・

RINさんの影響でCD買ったものの、まだ封も開けてないし・・

でも、音楽を差し替えるのは間違ってると思う。

アニメも好きじゃないし、観てないけど、ハウルの歌がアメリカでビヨンセに変わってたら、やっぱり作品自体の価値が変わってしまうと思うもの。

ディレクターズカット版の意味も、私は理解できないんだけど、エンディングまで含めて一作品だと思うのよねぇ。

ただ・・・日本人歌手の人たちも大物じゃないし、仕事だから断れないよねぇ。

しかも、映画をあまり観なければ重要さにも気づかないと思うし、彼らのファン世代はあまりそーゆーの気にしないのかもねぇ。

そしたら、その人たちが映画を観に行って、リンチェイのよさに気づいて、実はオリジナルの歌が違うらしーぜぃ!ってことに気づいて、なんで歌を変えたんだろ?って思ってくれて、オリジナル曲に関心をよせてくれたらいいね。
コメント多謝です♪ (RIN)
2006-02-24 10:38:24
みほ副会長



隠れファミリー結婚も、さほど響いていないようで

会長一安心です

ウチの弟迷でなくても、ラストにいきなり日本語の音楽

(しかも、ワケわかんない曲なの・・・

ヘタだし・・・あ、言っちゃった

には、普通の映画ファンも「ナニ?

ってなると思います。

試写会観てた人も、「『罪』???椎名林檎じゃないね?ナニ???

と戸惑っていらっしゃいました。

こうやって、知名度上げる気なのか???

しかも、試写会だからかどうなのかわかんないけど、

ホント、エンディングロールが終わってからこれ見よがしに

デカデカとバンド名と曲名とを大文字アップ一画面で見せるのよ!!

「中国でも、この曲流れてんの?実はすげーバンドなの?」

みたいに勘違いさせる作戦なのか???

(それにしては、下手だったけど。何度も書かなくて言い???

>ディレクターズカット版の意味も・・・

「私の頭の中の消しゴム」ディレクターズカット版の鑑賞会とか

やってるよね・・・

意味不明です最初から、それ流しておけばいいのに・・・

まあ、子供も見るような映画で、吹き替えするのはいいと思うけど、

無意味に映画をイジくって欲しくないですよ

まあ、吹き替えとかは「字幕の字を観るのはシンドイ」とかいろんな意見が

あるだろうからいいとしても、曲差し替えは、明らかに音楽会社の便乗作戦だよ

リンチェイ兄さんも製作に関わってるんだけど、

日本版で曲差し替えは知ってるのかしら?

リンチェイ兄さんも、諸事情で許可だしたのかしら???

どうも、いろんな点で腑に落ちないわ・・・

でも、映画はヨカッタよ。久々に、本格中華アクションと、中国武術精神を

満載です。途中までは「うーん、ワイヤーっぽい

ってとこもあったけどね。中盤以降がいいよ!

それだけに、エンディングで一気にテンションダウン

エンディングで、ウチの弟の曲だったら、まちがいなく、

「精武体育協会」に入会してそうです

(断られそうだけど・・・
とりあえず・・・ (beloved)
2006-02-24 13:16:34
凛大姐 様



この景気じゃ どこも台所事情厳しいしー

便乗作戦? しゃーないわなっ(誰が思うかいっ!)

とりあえず、前売りGetしておきましたわ

(ちょっと・・・テンションおちた感はあるけど)

ジェイ。。。この件、いつ知らされたのかしら? 

『ジェイって、昔は日本贔屓だったらしいね』

ってのは・・・勘弁だわっ

もう、『満城尽帯黄金甲』に期待しまくるわっ



アイヤーっ! 例のバンド、 たーへーなんだ

(ひょっとして 御曹子の集団?)
罪・・・な人ね (ponちゃん)
2006-02-24 16:34:41
今日報知に記事のってました。

ハイカラ(通称)の2ndアルバムから・・・うんぬん。

1stアルバムで3月に全米デビュー?えっ?

そういう狙いらしいっす。

でも日本で上映の映画に強引に割り込んで

なんか意味あるんですかね?わからん



トップのカメラ目線の小姐将軍カワユイ

なにかのポーズですか?
李連杰!周杰倫!李連杰!周杰倫! (acine)
2006-02-24 16:53:45
RINさん あーあ!本当だったんですね。

脱力感漂いますねぇ。沖縄かどっかの罪はいいから

台湾のボンの歌を流しなさいよ~!

しかし・・・そういう映画もよいのに

そんな映画の主旨と合わないエンディングとは

製作者、出演者、そしてジェイを冒涜してますよね~。

そりゃ商売も大事なんだろうけど、何でそんな訳の

わかんない曲をいつも引っ張ってくるかね~と

思いたくなりますね~。

観客のことなんて何も考えてないんだなぁ。
ご無沙汰しちゃって (ゆっこ)
2006-02-25 00:07:43
RIN会長サマ、お久しぶりでございます~!

仕事に追われて、またもやブログ「凍結状態」となっておりましたが、ようやく仕事が落ち着いてきました。

う、うれし~



会長サマは、腰痛を抱えながら「辛うじてメイン」の5番ご隠居マスターのために奔走されているようで、

お疲れ様&サンキュでございます。



さてさて、会長サマの熱っ~いジェイ君応援記事の数々を拝見いたしました。

ジェイ君のMVも見てきましたよんっ

あのぉ、基本的なことお尋ねしますけれど、ダンサーズ従えて踊っているのって、ジェイ君本人なんですよね??

「そっくりさん」とかじゃなくって??

彼って、踊りもできるのですね??





あ、ところで、

会長サマの影響で、わたくしも「頭文字D」のDVDを購入しちゃいました。

特典映像の一つ、アンソニーおじ様の特別プログラムがくだらなさ全開で最高でした。
ご無沙汰デス (ゆっこ)
2006-02-25 00:09:00
RIN会長サマ、お久しぶりでございます~!

仕事に追われて、またもやブログ「凍結状態」となっておりましたが、ようやく仕事が落ち着いてきました。

う、うれし~



会長サマは、腰痛を抱えながら「辛うじてメイン」の5番ご隠居マスターのために奔走されているようで、

お疲れ様&サンキュでございます。



さてさて、会長サマの熱っ~いジェイ君応援記事の数々を拝見いたしました。

ジェイ君のMVも見てきましたよんっ

あのぉ、基本的なことお尋ねしますけれど、ダンサーズ従えて踊っているのって、ジェイ君本人なんですよね??

「そっくりさん」とかじゃなくって??

彼って、踊りもできるのですね??





あ、ところで、

会長サマの影響で、わたくしも「頭文字D」のDVDを購入しちゃいました。

特典映像の一つ、アンソニーおじ様の特別プログラムがくだらなさ全開で最高でした。
コメント多謝です♪ (RIN)
2006-02-25 09:23:45
皆さまへ



えっと・・・。メイン映画祭情報アップできてませんが、サボってません

ちゃんと、前に進めてますので

今晩あたりに、正式参加フォーム開始します。

情報がまとまるまで、あんまり小出しに情報出しすぎると

ややこしいかな???と、更新見合わせてるだけですので・・・

コメントを投稿

ウチの弟&義弟応援(周杰倫&陳冠希)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

SPIRIT ( 霍元甲) (パフィンの生態)
中国の伝説的な武道家、霍元甲(フォ・ユァンジャ)をリー・リンチェ (ジェット・リー)が演じ、相手を倒すことではなく自分に勝つことの 大切さを訴えた映画。製作に関わり、自らのクンフーの集大成と位置づけ、 武術精神を伝えようとしている。鋭く美しい動きを堪能できま
SPIRIT (シャーロットの涙)
武道の精神と平和のメッセージに酔いしれた。 最近この手のカンフーアクションものはすっかりご無沙汰をしていたので、相変わらずスタントダブルを極力使わないリアルな迫力に驚いてしまった。 (一応はダブルさんもいるらしいけど。) 日本と中国、アクション、衣装、音楽
映画 「SPIRIT」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「SPIRIT」★★★☆ 実在した中国武術の伝説的人物、霍元甲(フォ・ユァンジア)をジェット・リーが演じるアクション・エンターテイメント。 何よりもジェット・リーのアクションに魅せられてしまった。戦闘シーンやヤクザの抗争シーンのためのアクションではな
SPIRIT/ 霍元甲/Fearless (我想一個人映画美的女人blog)
実はちょっと期待してました。 チャッキーファンの為の映画「チャイルドプレイ・チャッキーの花嫁」、 1作も観てなかったのに、そこを見込まれ(笑「ジェイソンVSフレディ」を監督 ちょっと笑わせてくれた ロニーユー監督作。 今回は、マジメよん{/heart_orange/} あらゆ
SPIRIT-霍元甲 06年58本目 (猫姫じゃ)
SPIRIT - スピリット - (霍元甲) これぞ 李連杰 系!!やっぱり、チャイナ服に辮髪でクンフー。 これ、サイコー!! いぁ、ダニー・ザ・ドッグ も、悪くはなかったですyo。でもね、やっぱり彼には、こういう中国クンフー映画に出てもらないと、、、英語しゃべったり、
『SPIRIT(スピリット)』2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『SPIRIT(スピリット)』  公式HPはこちら ←クリック 中国公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 父に武道に憧れて天津一の挌闘家になった霍元甲(フォ・ユァンジア)(ジェット・リー)は、その高慢な人格が災いして、人生のどん底へと突き落とされてし
SPIRIT (ネタバレ映画館)
 天津飯を食えるのはいつだ?あ、今日だ、今日に違いない!腹減ったぞ・・・
映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
このブログは映画SPIRITオリジナル上映を願い、配給会社様にアピールすべく立ち上がりました。公開後も変わらず訴え続けます。 1館でも、1日でもいい。オリジナル版の霍元甲を日本で見たいという気持ちに賛同いただける方はコメントをお願いします。
SPIRIT (It\'s a Wonderful Life)
ジェット・リー久々の香港映画なのかな?アメリカ資本? まぁどっちでもいいです!アメリカでの映画は格闘 シーンが今風でいまひとつに思ってたので、久しぶりに 本格クンフー映画に出ている彼を見た気がします! 映画の内容は物語があまりにもちょっと?な所もあ...
映画館「SPIRIT」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本のチョンマゲも相当変な髪形ですが、中国の前ゾリロン毛もね。。。 マーシャルアーツ!カッコいいネェ!この手の作品、久々に観た気がしましたよ~♪ジェット・リーがジェット・リーじゃなくてリー・リンチェイだった頃を思い出しましたねぇ~!本当にもうマーシャ...
「SPIRIT」 (the borderland)
いくつになっても格闘映画が好きなことを再確認しましたよ~ ジェット・リーがハリウッド進出以降の作品はほぼ観ていまが、言葉の壁もあって、寡黙で武術に秀でた男というのが、「ダニー・ザ・ドッグ」除いては定番になってます。 今作では、そんな顔できるのかってぐ
SPIRIT (Alice in Wonderland)
リー・リンチェイだった頃のジェット・リーから私は彼のファンです。ハリウッド映画界でも祖国の映画でも素晴らしい活躍をしている彼にです。今回はただのカンフー映画を超越した何か熱いものをこの映画からもらい大満足です。 世界的なスマッシュ・ヒットとなった「HE...
SPIRIT スピリット-(映画:今年48本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロニー・ユー 出演:ジェット・リー、中村獅童、原田眞人、スン・リー、ドン・ヨン、ネイサン・ジョーンズ、コリン・チョウ 評価:84点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 見所は格闘技シーンだけではない。 ジェット・リーの
【洋画】SPRIT -スピリット- (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本2/撮影4/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力4/テンポ3/合計33) 『評論』 「SPR