◇◇from Beijing

このブログは2005年~2006年までのものです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひさびさの台北

2005-05-08 12:23:36 | 旅行

一昨日、台北から戻りました。台北の街、懐かしかったですT0T 5年住みましたからねぇ 
もわっとした湿気や、コンビニのドアの音や匂い、台湾人のおじさんのズーズー弁(笑)、何もかも懐かしい。
あののんびりした街の雰囲気、都会なはずなのにギスギスしてないあの空気は何なんでしょう。台湾の文化や習慣の中に外国(特に日本)のカルチャーも加わっていて、かといって香港ほど垢抜けてないところがまた良いんですよね 北京の場合は都会といっても取ってつけたような都会で、まだまだ貧富の差が激しいし、都会の富の部分を知ってる北京市民はごく一部だもんな。。。がんばれ北京!

さてさて 滞在中は、歩いて、食べて、買って、の繰り返しでした^-^
住んでた頃に良く行った通りを歩いたり、よく通った店で食べたりお茶したり、まったりと過ごしてきました。茶芸館にいると、あっという間に時間が過ぎてしまって。 これは大好きな茶芸館「回留」です。内装が以前とだいぶん変わっていました。雰囲気は変わらないけど。今の方が好きかな。
   
   

 



回留は、台湾のお茶を気楽に、カフェっぽい感じで楽しめます。おやつも最高~ 写真は自然な甘さのあつあつアップルパイ。実はレモンの酸味がたっぷりのチーズケーキが大好きだったんだけど、この日はありませんでした。
                                     
新しい場所へはあまり行ってないんだけど、今まで行ったことなかった「南海学院」という植物園へ行ってみました。大きな蓮の池があると聞いていっみたんだけど、まだ花は咲いてませんでした。残念。でも池の横の水瓶にあった花が咲いてて、すごくかわいかったです。いろんな色があって。きっとあの池の蓮が全部咲いたらめっちゃきれいやろうなあ。この植物園、小さいですが整備もととのっていてなかなかよかったです。住んでた頃はたいしたことなさそうと思ってて行かなかったのです。反省^-^;
           

あと、観光っぽい場所で行ったのはあれですね、世界で最も高い建築物といわれてる「台北101」。建設中は地震でクレーンが落っこちてくる事故とかありましたけど、立派に完成していて、そびえたって輝いておりました。展望台は思いのほか素晴らしかったです。すごく高い場所から街を見下ろすので、街がとても小さく感じて、立体地図を見ているかのようでした。展望台に着くと説明が流れるイヤホンみたいなのを貸してくれて(日本語)、自分が見てる風景の説明が聞けるようになっています。噂の日本製の最新技術エレベーターも、30秒ほどで展望台に着くので感動。本当に早くてゆれない。だた、3秒置きくらいで耳が「キーン」となるので、上に着くまでに10回くらい唾を飲み込まねばなりません(笑)1~4Fくらいまで?はブランドものやレストランなんかも入った大きなショッピングセンターになってて、地下はフードコートとJasons?とかいう輸入食材メインの大きなスーパーが入っていました。

いや~しかし!
私が台北を離れたのは2年前だったのですが、ほんと、この2年の間に台北はますます便利になっておりました。もう1回住み直したい(笑)
遠東のモールの地下には香港系(経営は日本人)のシティースーパーができ、微風広場の紀伊国屋は地下から5Fに移動してさらに広くパワーアップ、無印良品も登場して、地下にはカツサンド屋さん?やミスドもできて(長蛇の列)、アジアワールドにはpiinという超いい感じの雑貨屋さんもできていました。 


自分が住んでたエリアもずいぶんと店が増えてたし(すぐ近所にモスバーガーができてたのがかなり悔しい)、とにかく台北の街はめちゃくちゃ良くなってたぞ~!微風かシティスーパーを北京にくれ!T0T

つづく


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公安からのメール | トップ | ひさびさの台北 <たべもの> »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事