≪ 陸のフィンランド探検 ≫

りく8歳になりました。ねえ、フィンランドって国知ってる?
僕、今、住んでるんだけど、おもしろい所なんだよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第二次世界大戦時の。。。

2011年09月12日 | 見つけたちょっと素敵な物


「コテージは古い物の宝庫」というのは以前にお話したことがありますが、
今回、見つけたのは、一昨年、97歳で他界した主人のおじいさんの軍服。
この他にも厳しい冬にも耐えうる生地のいい軍用ロングコートも一緒にありました。

今回、私は見なかったけど、
ソ連兵の「銃弾の痕が残るヘルメット(ギャー!)
なんかもあるそうな。。。
それは記念に彼が持ち帰ったのか。。。うーん、複雑。

おじいさんはエンジニアであり、MAJURI(少佐)にまでなった人でした。
ソ連の「この100人を見つけ出して殺せ!」リストにも
名前が挙がっていたそうです。

そんなおじいさんも晩年は、とても穏やかでお話好きな方でした。

私がフィンランド語を勉強する前には、
自ら何十年も前から使っていない英語を勉強しなおして(90才を過ぎてからですよ!)
私と英語で何とかお話をしようとしてくれました。
このおじいさんと話す為にもフィンランド語を勉強しないとなぁと思ったものです。



コテージから見る星や月はとてもキレイ。。。
おじいさんの作ったこのコテージで、今年は陸と一緒に流星群を観ました。
(もう1ヶ月も前のことになってしまいましたが)
フィンランドの長い夏休み最後のいい思い出になりました。




もう30年も前に亡くなった主人の父も主人も、
ひ孫になる陸とソフィアと同じように時を過ごしてきた場所。
ここはいつまでも変わらないであって欲しいです。

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする