≪ 陸のフィンランド探検 ≫

りく8歳になりました。ねえ、フィンランドって国知ってる?
僕、今、住んでるんだけど、おもしろい所なんだよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小さなやさしさ

2007年09月09日 | 僕の日常
今日の夕食時
陸は「お腹空いてなーい!」といい夕食を好きな物しか食べなかった。

主人
「アフリカの小さいお友達はご飯がなくていつもお腹を空かせてるんだよ。」
「残さないで食べなさい


「なんで?じゃあお店で買えばいいじゃん

主人
「お店もないし、お金もない、食べる物はどこにもないんだよ。だから陸は食べ物を残しちゃいけないよ。」
「陸が缶やビンを集めてもらったお金を、かわいそうなお友達がご飯を買えるようにあげたらどうだ?」

フィンランドでは家庭で出た空き缶や空き瓶を店に持っていくと、
その店で使えるクーポン券と取り替えてくれる。
陸にはお小遣いをあげていないが、時々、うちで飲んだジュースやビールの空き缶を自分でビニールに入れさせてお店の交換機に入れさせる。小さい陸が背伸びをして缶を店に返還し、そこで出たクーポンのお金の分だけ小銭を渡して好きな物を買ってもいいことにしているのである。

父の言葉を聞いて陸は部屋で探し物を始めた。
何を探してるのかと思ったら自分の小銭を入れてある缶であった。

「かわいそうなお友達にあげるの。。。
ほんの数ユーロだが陸にとっては自分で好きな物を買える大事なお金。

子供の成長にはしばしば驚かされる。
こんなやさしさが小さい陸にも芽生えている事をうれしく思った今日なのでした。

天気 気温 朝方はもう5度しかありません。。。


こんなほったらかしのブログに来てくれているみなさんありがとう


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする