≪ 陸のフィンランド探検 ≫

りく8歳になりました。ねえ、フィンランドって国知ってる?
僕、今、住んでるんだけど、おもしろい所なんだよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここに来てくださる皆様へ

2005年12月21日 | フィンランドの生活
陸&ママです

今年も残すところ、あと少しとなりましたね

今週はとうとうクリスマス
クリスマスの本場、フィンランドは日本のような派手さはありませんが、
各地でマーケットが開催されたり、
クリスマスツリー(本物のモミの木ですよ!)が売られ、
家々の窓辺や玄関にはキャンドルが灯され、準備に追われています。
サンタクロース出張サービスの広告もたくさん入ってきますよ!

クリスマスは家族で静かに過ごすのがフィンランド流です。
100年前から変わらないクリスマス料理を食べ、
その後、子供のいる家はサンタクロースがやってくるのを待ちます。
陸には先週末、一足早く、サンタさんがやってきて
たくさんのプレゼントをくれました。
当日、フィンランドにいないので早くやって来てくれたんですね

我が家は明日からクリスマス休暇でイタリアに行きます
なので、このブログもしばらくお休みする予定です。

いつもブログに遊びに来てくださる皆様。
今年もいろいろありましたが、皆様の暖かい言葉に励まされ、
元気をもらっているからこそ、不慣れな海外での生活も乗り切れ、
そして前向きにいろいろ取り組むことができるのだと思います。
ありがとうございます

来年もまたよろしくお願いします。

皆様に感謝の気持ちも込めて。。。

Hyvää joulua ja Uutta vuotta
(メリークリスマス&ハッピーニューイヤー)

天気 気温 マイナス11度 のフィンランドより。



コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VARIO社の牛乳

2005年12月17日 | 食べ物
陸です。

今年の6月にヘルシンキの中心地、KAMPPI(カンピ)に
新しくできた大きなバスターミナル
その中に牛乳メーカーVARIO(ヴァリオ)のカフェがあります。



僕の大好きな牛乳、アイスクリームを初め、スープやサンドイッチ、
ヨーグルトなどの軽食も取れるんだよ。
僕のお勧めはねぇ,,,「チョコシェイク」
とってもおいしいよ

そのカフェに今、こんな絵が飾られています。




これ何だと思う?
答えはスーパーマーケットに行くと見つかるよ。




答えはこれ


今、売られている牛乳のパッケージなのでした。
種類によって絵が違うんだ。
フィンランドにはいろんな種類の牛乳があるんだよ。
毎年、この時期だけ、こんなかわいい牛乳が登場します。
去年はサンタの帽子をかぶった牛さんもいたなぁ。

僕も毎日飲んで大きくなるよ
「ママーかわいい牛さんの牛乳ちょうだい

天気 気温 マイナス10度 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒヤッとした1日

2005年12月16日 | フィンランドの生活
例年よりかなり遅く、やっと冬の寒さがやってきたフィンランドですが、
今日はそれに負けないヒヤッとした出来事がありました。

その1

最近、フィン語講座に車で通ってるんですが、
今日の気温はマイナス1度。
車の運転には一番滑りやすい危険な温度。
この温度、マイナス15度より滑りやすいとか。
氷が融けたり固まったりして、
氷の表面に薄い水の膜ができやすいんだそうです。

そんな事をわかりつつ、講座へ。
車のパネルには、「滑ってますよ」マークが付きまくり
行きは何事もなかったのですが、帰り、、、やってしまいました。

信号待ちで止まって、アクセルを踏んだとき、まず大きく「ズルッ!」
そして、時速20kmくらいだったでしょうか、
すぐに次の信号で引っかかったので、ブレーキを踏んだとたん。。。
つつつっっーーーーーーっとすべり、車が止まりません。
20、30mは滑ったでしょう。
ハンドルも取られ、絶体絶命
大きくあいていた車間距離に助けられ、追突は免れましたが、
前方車との距離10cm

フィンランドの自動車教習には必ず、「氷上運転練習」があります。
その大切さを思い知りました。

私の車は今、スタットレスタイヤを履いています。
フィンランドはたいてい、スパイクタイヤ。
(日本では禁止になりましたよね、確か。。。)
しかも前輪駆動の私の車。滑りやすいのかも。

やっぱりスパイクタイヤ買わなきゃダメかなぁ。


その2

今日は陸の保育園でイベントがあったんです。
保育園開園20周年記念で、保護者も招かれてお祝いです。
先生達によるアンデルセンの人形劇を子供達と一緒に観劇し、
そして、ケーキ、コーヒーも振舞ってくれました。

陸も楽しんで、先生達にお礼を言い、帰った時、、、
鍵がない

回想シーン(家を出るとき)

私  「あ、かぎ、かぎ!」
主人 「持ってるからいいよ。」
私  「でも、、、」
主人 「だから持ってるって!」

持ってないじゃん
2回も持ってるって言ったじゃん

と、そんな事を言っても後の祭り

フィンランドのドアは普通、オートロックです。
なので、ごみを捨てに行くとき、ちょっと外を覗くときなどでも
鍵を持って出る癖をつけてるのですが、
こちらに来たばかりの頃は、
何かドアに何か挟んだつもりが外れて閉まってしまったり、
几帳面な陸ちゃんが「えいっって閉めてくれたりして
外に取り残されました。
そんな時は主人が帰って来るまで待つしかないんです。

でも今日は、家族全員揃って閉め出されてしまいました

気温がどんどん下がってきたので、
まず、閉園間際の保育園にすぐに戻り、
置いてある陸の服を全部持ってきて着せました。

それから、どこか開いている窓はないかチェック。
でも真冬のフィンランド、滅多に窓なんて開けません、

200km離れた町に住んでいる姑に鍵を持ってきてもらう?
歩いてどこかの友達の家に行き、泊めてもらう?
 (車の鍵もありませんでしたので)
バスでヘルシンキに行き、ホテルに泊まる?

などいろいろ考えましたが、救いは携帯を持っていたこと。
なかったら終わってます。。。
こんな時間だかダメかな、と思いつつ、管理会社に電話すると、

いました
そして、鍵を持ってきて開けてくれたんです。

と、同時に次の不安が、、、「いくらかかるだろう。。。」
でも、思いのほか安くて、それにやさしいおじさんは、
「近くにいたから半額の10ユーロでいいよ」って。

1年半住んでも、まだまだこんな事してしまうんですね。
気をつけないと

ここは日本じゃないから。と認識した1日なのでした。

天気  明るくなるのは9時、暗くなるのは3時です







コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

独立記念日

2005年12月10日 | フィンランドの生活
12月6日はフィンランドにとってとても大切な日。
「Itsenäisyyspäivä(独立記念日)」です。

12世紀には既にスウェーデンに攻め込まれ、
16世紀には完全に統治下に置かれ、五百年にも亘って、
スウェーデンとロシアに支配され続けたフィンランドですが、
1917年、ロシア革命により帝政ロシアが崩壊すると同時に、
とうとう独立を成し遂げ、今年で88年目を迎えました。

この歴史の中で、母国語を失わずに守り続けたのは
奇跡に近いのではないでしょうか? 
フィンランド人の愛国心は昔も今も変わらず、すごいのです。

独立記念日にはもちろん国旗掲揚。
そして、午後6時から8時の2時間、
フィンランドカラー「青と白」のキャンドルを窓辺に灯します。
写真予定。
(うちはもったいないので、キャンドルがなくなるまで灯してます

お店も全てお休み。前日のスーパーは大賑わいです。
いつもは、休みと言えば子供達が外で走り回ってるのですが、
当日はなぜか誰もいませんでした。
子供も静かに独立記念日を祝うのでしょうか?

静かに祝う。。。
でも、フィンランド人が夜、家の中で何をしているかというと、、、

テレビ鑑賞です

独立記念日には大統領官邸でパーティーが行われるのですが、
ほとんど全ての家庭でこれを見ていると言っても過言ではないようです。

現女性大統領、ハロネン夫妻と各界著名人、その年活躍した人、
各国大使などが握手する模様が延々、3時間以上も生放送され、
ファッションチェックが一大イベントなのです。

翌日の新聞は大統領ではなく、
一番素敵なドレスを着ていた人が各紙一面を飾ります。
なので、招かれた人(特にフィンランド人)のドレスへの気合の入りようは
見て明らかです。しかし、、、素敵っと思うのは数人。。。かも。
独立記念日の数日前から、テレビにファッションデザイナーが頻繁に登場し、
衣装について語っていました。

普段、あまり服装にこだらわないフィンランド人が、
この日ばかりは、こんなに衣装に注目するのはなぜなのでしょう?
これ、私のフィンランドの謎の一つです。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマスマーケット

2005年12月04日 | イベント.情報
ママです

Naisten Joulu Messutというイベントに行ってきました
場所はヘルシンキのWanha Satamaというイベント会場です。

今年で74回という歴史あるマーケットだそうで、
当日は、そこに向かうトラム(路面電車)も会場も、
フィンランドとは思えない賑わいぶりでした!

何百店も出店されているので、とても全部は紹介できませんが、
ほんの一部、雰囲気だけでもお伝えできればいいのですが。。。


これは、クリスマスにサンタクロースを手伝うという小人。
フィンランド語でTonttu(トントゥ)と言います。


クリスマスマーケットらしく、ツリーのお飾りも。。。


フエルトの牛バック、かわいい でも、お値段はかわいくなーい


この帽子、テレビの子供番組で怪しいお姉さんがかぶってるけど、、、
普通の人もかぶるんですかー


陸が女の子だったら着せたい


人形のお洋服を黙々と編んでいるおばあちゃん。
ほほえましい、と思ったら、人形の顔が怖いっ!


コーヒーブレイクをしていると、生演奏で和ませてくれました。


これは、猫に良さそうね


フィンランドの木製品もたくさんありました。
これは、バター入れ。
フィンランドのバターがキチッと収まるサイズです。
朝、プラスチックのパックでバターを出すのと、
こんなケースで出てくるのでは気分が違いますね


食品もあるんですよ。

こんな個人出品が数百店もあって、一通り見ただけでも2時間以上かかりました。
でも、室内で暖かいし、カフェやレストランもあるので
休みながら、楽しく見ることができます。

今回は写真盛り沢山でお送りしましてみました


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やりました!!

2005年12月01日 | 僕の日常
ママです

やりました

私は今、職安のフィンランド語講座に通ってるのですが、
その一環で1月から6週間、
ジョブトレーニングに行かなければならないんです。
しかも、その場所は自分で見つけてこなければならず。。。
主人に赤ペン先生になってもらい添削をしてもらいつつ、
履歴書や申込書をフィンランド語で作成したり、
求人広告をチェックして書類をメールで送ったり、
悪戦苦闘の数週間でした。

そして今日、ジョブトレーニング場所の面接に行ってきたんです
お友達が働いている場所なのですが、面接OKしてもらい行ってきました

人数40人ほどの「特許事務所」です。
思っていたより大きなオフィス。
フィンランドによくある、ガラス張りスケスケのビルのワンフロアー。
6年ぶりの面接、しかもフィンランド語。
緊張しましたよー

でも所長さんも責任者の女性も、とても感じよく
フレンドリーに面接してくれました。
でも何回、質問を聞きなおしただろう。。。

それでも、ジョブトレーニングを受け入れしてくれました
そして、「トレーニングの後も私が希望するなら働いてもいいよ。
なんてありがたい言葉まで頂いたのです。

「どうする?」って聞かれ、
「私がここで何ができるのかトレーニングで
 働いてみてから決めてもいいですか?」
なんて大胆なことを言い
そんなのもOKしてくれました。

ああ、緊張した~
でも、1つストレスの元がなくなってうれしい
「クリスマス休暇の前に見つけなきゃ」って
クラスメイトがどんどん決まっていく中で焦ってたんです。

「海外で仕事」なんて考えたこともなかった数年前からすれば
私の中ではものすごい進歩です
海外に住むのも考えたことなかったもんなぁ。。。

今日はうれしいのでワインで乾杯しよーっと
でも主人は。。。
昨日飲みすぎで極度の二日酔いって言ってたっけ。。。
一人で乾杯かな?

天気  昨日の雪で車の運転こわかった


コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする