≪ 陸のフィンランド探検 ≫

りく8歳になりました。ねえ、フィンランドって国知ってる?
僕、今、住んでるんだけど、おもしろい所なんだよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご無沙汰してます。

2012年02月09日 | フィンランドの生活
夏の記事をUPしたまま放置して、すっかり冬真っ只中のフィンランドです。
ヨーロッパの寒波はもちろんここでも大活躍。
気温が毎日、上がったり(それでも-8℃)下がったり(-30℃)よくわからない天気が続いています。

12月まで全くなかった雪も、、、
クリスマス休暇から帰ってきたらこの通り。


また今年もドカ雪。
家の庭で遭難できる。。。

無理やりブランコに乗ろうとするも、この通り。


去年、一昨年程ではないにしても、毎日雪かきが欠かせません。
しかーし今年は強い見方登場!

ジャジャーン!!



これで、毎日数時間も費やしてた雪かきが、かなり楽になりました。
でもこれ、ものすごく重くて私には使いこなせませんっ!
旦那が居ない時には使えない、、、意味なし。

やってあげたいけど、、、一緒に手伝いたいけど、、、
仕方ないので、これは旦那様のお仕事に。
居る時にチャチャっとやってもらいましょ


新年になり、家族の新しい生活が始まりました。

私は仕事を始め、
娘は保育園へ、
息子は学校から帰ってきても家に誰もいないので、自分のことは自分でするように、
今まで仕事中心だった主人は娘の保育園の送り迎えを引き受け、家にいる時間が増えました。

まだまだこの生活に慣れず、要領が悪く家の中は荒み気味。
でも家族みんながそれぞれ少しずつ自分だけの世界を持つようになり
家族の時間や自分の時間は殆どなくなってしまったけど、
今までよりも少し会話が増えたような気がします。

私も久しぶりの仕事に(主に英語とフィンランド語に)ドキドキしながら
でもここで仕事が見つかるのは本当にラッキーな事なので、
首にならないように頑張ってお仕事しようと思います。

しかし-20℃超えでバス停でバスを待つのは辛い、、、
目の前で行かれてしまって15分待った時は頭キンキンでした


旅行記などUPしようと思ってはいるものの、
なかなかまとまった時間が取れないので
ちょこっとずつ、更新していきますね。
これからもよろしく



コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Baby Shower

2011年07月24日 | フィンランドの生活


(私の撮った窓の写真は暗かったのでお友達の写真をお借りしました)

もうすぐ出産予定日を迎える友達。
陸ともソフィアともたまたま同級生の子供を持つ友達が
今、3人目の赤ちゃんを迎えようとしています。
上の子2人は男の子。
でも今度は女の子だって!

友人Sちゃん、Rちゃんとごにょごにょ相談しサプライズパーティーを企画!


女の子ちゃんBabyをイメージして
Rちゃんがこんなに素敵なテーブルセッティングをしてくれ、


Rちゃん力作のVaipakakku(オムツケーキ)にSちゃんアイデアで洋服を着せて


分担して持ち寄ったお料理を。。。


私はサラダ、デザート担当。
女の子イメージのピンクで「たらもサラダ」
日本里帰り直後限定でしかできない「たらこ」料理です。
レタスとルッコラは庭の畑から朝取りよ!


ご飯もの担当Sちゃん。
パーティーと言ったら「ちらし寿司でしょう!」と、
こんなにかわいいケーキちらしを。


そしてメイン担当Rちゃん。
「ミートローフ」は野菜いっぱい柔らかくてとっても美味しかった。


里帰りの時に持って帰ってきたカキ氷機で
「小豆、グリーンティーのカキ氷、アイスのっけ」
「ちょうどカキ氷食べたかったの!」と言ってもらえ
重たーい変圧器持参で行った甲斐がありました。

あとは、持ち寄って袋詰めしたママ用サバイバルキットをプレゼント。
本の好きなMちゃんに手作りブックカバーと本、
出産直前ママがプチリラックスしてくれるように「顔パックと目の疲れ取りシート」
手作りシュシュ
美味しいお菓子など。。。

子供達といえば、、、


ご飯もそこそこ


うきうきで遊ぶソフィアと仲良しTちゃん


人のうちのおもちゃは最高だわっ!


ちびちゃん達が駆け回っている中、DSにいそしむ兄

それぞれ楽しんでいる模様ですね。

主役のMちゃんは普通のランチ会だと思っていたようで
(そう言っておいたのだけど)
とても喜んでくれました。

「出産の不安な気持ちがなくなって、楽しみになってきた!」と
最高の褒め言葉をもらいました。

10ヶ月もお腹の中で赤ちゃんを育てるという大仕事をしてきて
もうすぐ、その集大成。
生まれた後からはまた育児がスタートするけれど、
今までのお疲れ様会。
そして出産頑張れ!の気持ちをこめました。
こんな大きな仕事を成し遂げてきたんだもの。
これくらいのお祝いを受けて当たり前!
「世の中のもうすぐお父さん達~、聞いてますか~??」

安産で元気な女の子Babyが生まれることを願ってます!!

お世話したがりのお姉ちゃん達も
リアル赤ちゃんを待ってますよ♪♪
こわーーー!!







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Matonpesu

2011年07月15日 | フィンランドの生活

これ、何だかわかりますか?


フィンランドの短い夏

夏の間、各都市が海水浴場、湖水浴場と共に、OPENする場所。
それがMATONPESUPAIKKA(マット洗い場)です。


ほら、いっぱい干してあるでしょう!

今まで、何回か家で洗ったのですが、それはそれは大変でした。
バスタブがないのでシャワールームの床に敷いて洗い、
何度も、何度もすすぎをするも、大量の水が時には部屋へ流出
干そうとしても重たくて運べず、無理やり引きずりベランダへ。
そしてまた床が水浸し

そしてとうとう私、今回、マット洗い場デビュー


やり方がよくわからないので、まず周りの人を観察しマットを設置。


この環境にやさしいマット洗い用洗剤とブラシで洗います。

下に水を溜め、台に乗った所を洗い、順番に回しながら全部洗ったら、
よーくすすぎをして、、、


このマット搾り機の出番。
このおじ様、マット運びも搾るのも手伝ってくれました。
ありがとーー!
マット搾り機は手を挟みやすいので注意が必要です
気をつけてねと言われた途端、見事に挟んだ私

何度も水を絞ると、マットはずいぶん軽くなりました。


干し場に干し、ベンチでお茶を飲みながら本を読んでいると、
生まれた時からこのエリアに住んでいるというおばあちゃんが
声をかけてくれ、しばし雑談。

「ここもずいぶん変わったわ~。」
「私が子供の時は、そこの海で洗っていたものよ、」
「でも市がこういう場所を作ってくれて、海に流すより環境にはいいわよね?」
などなど、、、

天気のいい日、自然の中で行う、昔ながらの夏仕事。
フィンランド人の優しさに触れられて、とても楽しい一時でした。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mustikka

2011年07月14日 | フィンランドの生活

先日、ソフィアと二人で森へ。
目的はMustikka(北欧産ブルーベリー=ビルベリー)摘み。


写真ボケボケですみません。。。


フィンランドの法律では、
森のベリーやキノコは誰でも自由に採っていいことになっているのです。


この足元にあるグリーンが全てブルーベリー。






途中、大きい石を運ぶと言って聞かない意味不明の2歳児。


そこらじゅうに実がなっているのに、
母がせっせと摘んだバケツからバクバク食べだします。

でも、何個か自分で摘んでは、
「おかーさん、一個どーぞー」と
言われては、許しちゃいますよね


野いちごも、ちらほら。


2時間超、蚊と戦いながら頑張って、成果はこちら



摘んできた後に、葉やごみを取り除き、
軽く洗って、すぐ食べる分以外は冷凍します。

今の時期はブルーベリー、もう少しするとラズベリー、
8月にはリンゴンベリーと続きます。

フィンランドでは、ベリー類は大量に摘んだり、買ったりして冷凍、
冬まで楽しみます。
野菜や果物の少ない冬の間の大切なビタミン源とする
昔からの生活に根付いた習慣なのでしょう。

大量の蚊と戦いながら中腰で摘み続けるのはキツイけど、
成果が目に見えて、長く楽しめる夏の楽しみなのです


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘルシンキをぶらぶらと。

2011年07月08日 | フィンランドの生活
ある晴れた日曜日、
とても久しぶりに家族でお散歩。
あてもなくただヘルシンキをぶらぶらしました。



ここはカイヴォプイストという公園。
ヘルシンキ中心地にあり、周りは超高級住宅街です。



海を見下ろすとても眺めのいい公園です。

が、、、

5月1日のVAPPU(メーデー)の時は
この公園が飲んだくれた人で埋まります。
日本の花見の様な感じを想像して頂ければ間違えないですね。



前に来たときはこんな道はなかったような。。。



なんで子供ってわざわざ寄り道をしてしまうのか??
そんな私も子供の頃はそうだった。。。







妹のベビーカーに乗ってる9歳児。
かなりうれしそう。


公園を出て海沿いに歩いた所で見つけたこんな場所。
「海を額に入れて眺める。」
バラバラで素朴な椅子がいい味出してませんか?




ヘルシンキの海沿いは埋立地が作られて開発がどんどん進んでいます。
ちょっと前までなかったような高級マンションあったり道が整備されていて
綺麗だけれど変わってしまうのは少し寂しい気もします。
今は短いメトロが1本しかないヘルシンキも、
いつか路線図が入り組むような街になる日がやってくるのでしょうか。。。





コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白夜

2011年07月07日 | フィンランドの生活


夏至の頃の夜、11時。
普通に明るいです。
庭に咲いているのはライラック。



夜中3時。
薄暗いけれど、真っ暗にはならない。

ヘルシンキを中心とする首都圏はフィンランドの一番南に位置していますが、
ここでも白夜を体験することができます。

北のラップランドと呼ばれる北極圏では、
太陽が横に動き一日中、沈むことが無い。

夏至を過ぎ、これから一日、6分ずつ日が短くなっていきます。
そしてあの暗い秋、冬がやってくる。

真夏のこの時期にこんな事を考える私は
すでにフィンランド人化しているのかもしれませんね。

でも、今は毎日24度~30度。
カラッとしてとても過ごしやすい。
庭で子供と水遊びをしながら
コーヒーにプッラ(菓子パン)を傍らに
日本から持ってきた本を片っ端から読んでいます。

小さな幸せ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Tutteli To Japan その後

2011年04月08日 | フィンランドの生活


先日、書いた「TUTTELIを日本に送るプロジェクト」

今までの3便までが被災地に届き、喜ばれていると聞いて
本当にうれしい~~

今日、FNN(フジニュースネットワーク)で被災地で飲まれている
ミルクの様子が報道されました

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196948.html

おととい、4便、5便の発送があったのですが、
Tutteliの工場から

「子供を工場に連れて来ないでね。」

と言われてしまった為、
ほぼ全員が現役お母さんの「Tutteli To Japan」メンバー、
被災地へのメッセージ書き&発送に参加できず。。。

困っていたリーダーの友人Eちゃんから電話をもらい
娘の世話を姑にかなり無理やりお願いしてみたところ、

「SALOのお友達の家に行く予定なんだけど、その日しかないんだけど、、、
 でも、そういう理由ならいいわ

ありがとうお母さま~

朝、8時出発で物流倉庫&空港へ行ってきました。


物流倉庫はこんな感じ。
フォークリフトが結構なスピードで行き来しています。
確かにこれは、子供や赤ちゃんがうろうろしていたら危ないです。


今回、空輸されるミルクは4000個。
(この写真は半分です)
10個が1箱に入っているので、メッセージを書くのは400箱。
事前にお友達が150~160くらいのメッセージをシールにしてくれていたけれど、
残りを2人で2時間ほどで書かなければいけなかったので
殴り書き状態になってしまったけれど、心は込めて書いたよ~


「頑張れ」という言葉は、十分すぎるほど頑張っている人たちには
とてもキツイ言葉だと思うので、使いませんでした。

夜中の授乳が少しでも楽になりますように。。。
大変な状況で子供の笑顔を守っているお母さん達、ありがとう!
サンタの国フィンランドの日本人ママ達みんなが応援しています。
などなど。。。

このメッセージを読んで、ミルクを飲んで少しでも被災地の方々が
楽になれたり、一瞬でも笑顔になってくれたら。。。
そんな思いで書きました。


通関事務をしてフィンエアーカーゴへ届けて帰ってきました。
このプロジェクトの発起人であり友人のEちゃん(後姿で登場)が
ここまで本当に苦労して成し遂げたプロジェクトを
少~しだけどお手伝いできて私もうれしいです。

あともう少しでこのミルクも被災地に届くと思います。
待っててね

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Merry Christmas!!

2010年12月24日 | フィンランドの生活


クリスマスイヴ、みなさんどうお過ごしですか?
我が家は毎年恒例、まったりと家で家族でフィンランド式のクリスマスをしています。


生のクリスマスツリーは家の中に飾ると葉っぱがボロボロ落ちてきて
嫌なので今まで外の見える場所に飾っていたのですが、
主人の毎年の懇願についに負け、今年は家の中です。
子供達と飾りつけをしていると、とてもいい匂い。
家の中も悪くないですね。。。


イヴの今日は子供と一緒にジンジャークッキーやマフィンなど
オーブンをフル活動して焼きました。

出来上がりはこんな感じ



これは頂き物のジンジャークッキー
かわいすぎです




もちろんフィンランドのクリスマス料理のメインディッシュ
「Joulukinkku(クリスマスハム)」も(今年は7キロ)
昨日10時間かけて焼き、今日飾りを付けてまた30分焼きました。




今年も去年に引き続き大雪&大寒波のフィンランド。
ここ数日マイナス20度。
外はといえば。。。


こんな感じ
娘、完全に埋まってます。


そして我が家の大仕事、雪かき。
これうちの私道。50mくらいあります。
公道は市で雪かきをしてくれるけれど、私道はもちろん自分で。。。
ここに引っ越してくるまでこんなに大雪が降ったことはなかったのに
引っ越して来て2年連続の大寒波。
運動不足解消にはもってこいです

屋根の雪下ろしをしなくてはならないのも時間の問題です


でも子供は大喜び。
自ら雪に潜ってニッコニコ
なかなか家に入ってくれなくて親の方が寒さに参ってしまいます。

元気元気な我が家の娘、明日で2歳です

夜は子供達、たーくさんたくさんプレゼントをもらい
ちょっと前にやっとベットに行きました。

家族で幸せなクリスマスを迎えられることに感謝。
普通の何でもない時間のありがたみを忘れないようにしたいものです。


Hyvää Joulua
Merry Christmas
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

St Thomas Christmas Market

2010年12月15日 | フィンランドの生活

ヘルシンキの街の真ん中、長ーーーい公園、エスプラナーディに
恒例のクリスマスマーケットがOPENしました。


クリスマスには欠かせない食材のお店や


おばあちゃんの手工芸のお店


フィンランドの木製品などなどいろんな屋台が並んでいます。


あ、これかわいい





いろんなマーケットで見かけて、ずーっと気になってる羊さん









こんなにかわいいものが並んでいる中、
娘が「Pukki、Pukki(プッキ=サンタ)!!」と大興奮だったのはこれ




IKEAのバックに無造作に入れられたサンタの置物。
一つ、15ユーロです。
なぜこの顔??
昔、石橋貴明がやっていたキャラ「ほもおだほもお」に似てる。
これは連れて帰りたくない。。。


日照時間が少なくてどんよりしていた11月から一転、
12月に入って街がクリスマスに向けて活気付いてきました。

クリスマスはもう来週ですね。
明日、クリスマスツリーを買って来なくちゃ
クリスマスハムは何キロのを焼こうかな。
サンタクロースの手配はどうしよう。。。
あとは、あとは。。。
気持ちばかり焦ってしまいます。

まさに師走のこんな時期、
風邪でダウンなんてことにならないように
皆さんもお気をつけくださいね。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ARABIA(アラビア) ムーミンマグカップ2010冬

2010年10月30日 | フィンランドの生活
またまた出ましたムーミンマグマップ、2010年冬バージョン





ここ数年、冬(クリスマス)のカップは暗い色合いだったので
白を基調にした今年のカップはとても新鮮です
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする