毎度、ありがとうございます

好きなこといろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TARI TARI 第2話「集ったり あがいたり」

2012年07月10日 | アニメ
駅前広場で全員集合してしまった来夏達。
5人バラバラの会話…正確に言うと大智とウィーンの話が無視されて話が進んでるのが面白かった。
来夏が大智からの質問を故意に無視してたのは恥ずかしかったからだろうな。
それとも本気でウィーンの名前が気になったのか…と思わせるところが来夏なのかもしれない。
紗羽が仕切って大智にウィーンの道案内を押し付けたのとか、和奏を誘うのとか、最後に歌うシーンとか見ると、1話で手伝ってとか言われてたし、しっかり者という以外に優しくて強い子だなと感心する。
来夏は良い友達持ったなぁ。
住職である紗羽の父親が金勘定してるシーンで「生臭くてごめんね」と通り過ぎるのや、ウィーンが感動して「これが、すきやk…「牛丼な」」と大智に訂正されるシーンとか、サラッと笑いを挟んで来て嫌味のない面白さがあって好きだ。
来夏の弟がお風呂要員なのも「またお前か!!」とテンプレになって来てて面白い。

少しずつ部員を増やしていくのかと思いきや、弟を脅すわ、有名人で釣るわ…(・∀・)イイネ!!
サクサクっと部も承認され、上記のような集まりなのに真面目に部活動してるのも意外でしたね。
その上で顧問になってくれた先生方が合唱発表会の引率に現れないというトラブルが発生して奔走する来夏と紗羽に和奏が協力するのや、ギリギリ間に合った…と見せかけて肝心のバスが遅れて二人しか揃わないという展開も良かった。
それでも紗羽に励まされ逃げずに二人で歌う為に舞台に立つ。
ケーキ3個と目と口パクで会話してたり、いつの間にか譜めくりを音楽科ピアノ専攻の子がしてくれてたり…いい話だった!!!
そのままEDに入るのも良かったね!

和奏が紗羽に名前だけで良いから…と頼まれて、あっさり了承したのは紗羽の来夏を思う気持ちに感化されたんじゃないかと思うのですよ。
それにプラスして来夏に対して腹が立つことを言われても険悪な関係になりたいわけじゃないだろうし、怒ったことを反省したのと、なぜ歌うのか探すと言ったり、歌を馬鹿にしているわけではないという来夏の気持ちが本当だと察したからなんじゃないかなぁ。
優しい子であることは大前提ですよ。

来夏は緊張するような子には見えないんですけど、大舞台や怒られるという状況では顕著になるということなんだろうか。
それを克服する為の駅前での特訓だったわけですね。
ニコニコ動画のステマか流出か自演かと言われていた動画は公式の仕込みだったわけですが…個人的には好きな仕掛けなんですが、どことなく空回りしてたかな。
現実の人間が書いたみたいな体で動画説明文書いてるのが痛いように思ったかな?

そして教頭先生。
OPを見ると和奏の母親と親友のようだということを考えると、今回の来夏が見つけた楽譜を取り上げたり、渡したりする変わり身の早さもちょっと可愛く思えます。
来夏の抱いた感想がお気に召したのかもしれませんね。
それにしても来夏に対する音楽観の当たりの強さは何なんでしょう。
来夏が昨年にしたことは本気で音楽を目指している子たちに迷惑な行為だったかもしれません…が、どう見ても彼女一人の暴走で他の子の進路に影響があるとは思えないので、音楽が好きで楽しみたいという彼女の気持ちを否定するのはどうなんだろう。
教育者として…とか言い出すと堅苦しいのですが、一年も譜めくりとか罰にしても酷いと思うんだけど?
ひょっとしたら和奏の母親と何かがあって、現在の音楽観を持つようになったのかもしれないけど…どんな過去があったんでしょうね。

紗羽の私服については前回せっかくスルーしたというのに大智が言ってしまったな…。
というか恋愛話は来夏たち女の子が恋するのかと思ってたけど、大智やウィーンがする可能性もあるわけで…?


次回「振ったり出会ったり」
大智も合唱部入りか!?



web拍手 by FC2


コメント   この記事についてブログを書く
« 宇宙兄弟 #15 「宇宙の話を... | トップ | ヘタリア Axis Powers 第5巻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事