コーヒータイムにしませんか

ここで一息入れてコーヒタイムでお話しましょう

溢れる好奇心があれば、人生はいつも楽しい!

竹林はるか遠く

2017年05月06日 | 読書備忘録
一気に読んでしまいました、是非御一読ください

日本人少女ヨーコの戦争体験記で

日系米国人作家のヨーコ.カワシマ.ワトキンズによる自伝的小説

作者のヨーコ自身が11歳だった頃、第二次世界大戦の頃

戦時下ではあるが、それなりに平和に暮らしていましたが

日本敗北の気配を読み取って半島内に反日挑戦人、朝鮮共産党軍が

組織されつつなか、朝鮮から脱出すべく

朝鮮半島北部の羅南から京城、釜山を経て日本へ帰国するまでの過程が

書かれており決死の体験に読んでいても苦しくもハラハラしながら

読みすすめましたが、更に 日本への引き上げ後における苦労に涙しながらも

生き方に共鳴し、孫達にも話して聞かせました

戦争の悲惨さを訴える資料としてアメリカでは1988年、

ボストン公共図書館が推奨する児童文学書にえらばれ、

アメリカ各地の少、中学校で副読本として読まれているそうです。



にほんブログ村
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛犬との別れ | トップ | 新しい図書館行ってきました »

コメントを投稿

読書備忘録」カテゴリの最新記事