チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネスやイノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

記事リンク|創業200年のブルックス ブラザーズが「着古されない」理由

2018-12-10 | 時代的キーワードのメモ
AIの役割を考えるのにも一好事例としての記事。

「米国の歴代大統領のスーツを手掛けてきた米ブルックス ブラザーズは創業200周年を迎えてなお、古びることなくレレバンス(適切性)を維持している。

同社は現在、人工知能(AI)を使ってビジネスプロセスの最適化や自動化を支援するイタリアのORSグループから協力を得て、各店舗の在庫管理や、売上高に対する販促活動の効果の分析などを行っている。

さらに、ORSが米マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授らと開発を進めているブロックチェーン技術を、自社のサプラインチェーン全体に導入する計画だ。「エンドツーエンドでAIを活用した」プラットフォームを導入する業界初の企業になるという。」


全文は、https://forbesjapan.com/articles/detail/24274?utm_source=owned&utm_medium=referral&utm_campaign=mailmagazine_1207_1112&utm_content=art1 (Forbes JAPAN)

コメント   この記事についてブログを書く
« 参加者募集|中小企業における... | トップ | 記事リンク|ソフトバンク上... »
最近の画像もっと見る

時代的キーワードのメモ」カテゴリの最新記事