チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネス&イノベーションの関係者/関心者の方々との情報シェアの場です。

周知協力|新春セミナー1/31~新市場創造型医療ビジネスを確立 そのブランド戦略とは

2019-01-08 | 時代的キーワードのメモ
東京脳神経センターは 東京大学医学部出身の経験豊富な医師団がどこでも治療できないとされてきた『全身の不定愁訴』の治療に新治療法で挑戦する事務長藤井氏が仕掛けたブランド戦略とは!

頭痛・めまい・自律神経失調症・うつ・パニック障害・ムチウチ・更年期障害(難治)慢性疲労・血圧不安定機能性食道嚥下障害・機能性胃腸症・過敏性腸症候群・便秘症多汗症・不眠症・ドライマウス・ドライアイVDT症候群・起立性調節障害

関連記事 SankeiBiz
 https://www.sankeibiz.jp/business/news/161006/prl1610061302087-n1.htm

【先進医療に挑む「原因不明の体調不良」完治を目指して】 動画
 https://www.youtube.com/watch?v=-sgDtSEvxaA

****************************************************************************************

■■■■【21世紀ビジネスモデル研究会&交流会】開催のご案内  http://www.21-b.com/

****************************************************************************************

第59回 2019年1月31日(木)18:00~20:00( 開場:17:30 )
会場:東京都千代田区大手町1-7-2 産経新聞社 本社 7階 会議室 参加費:無料
講師:医療法人ブルースカイ東京脳神経センター 経営管理本部長 藤井弘毅 氏(放射線科 診療放射線技師長)   
   https://tokyo-neurological-center.com/

****************************************************************************************

【 会社概要 】
〒105-0001東京都港区虎ノ門4-1-17  TEL:03-5776-1200
施設概要:米国で全身用CTを開発した画像診断のパイオニアであり、「頚性神経筋症候群(首こり病)」の診察及び治療法を発見した松井孝嘉博士が、恩師である東京大学名誉教授 佐野圭司氏(初代所長、2011年1月没)を迎え2006年5月11日、東京・虎ノ門にオープンした医療施設です。「今までどこの病院でも治せなかった病気を治す」という使命のもと、最新鋭の画像診断装置(MRI・CT ほか)による検査・診断と、日本を代表する脳神経外科・神経内科・婦人科・整形外科医に
よる診療を行っています。

【主な診療内容】
 1)頚性神経筋症候群(首こり病)診断と治療
 2)脳神経疾患全般の診断と治療(適切な関連病院へ紹介とフォロー)
 3)予防医療(脳ドック・頚ドック)の提供
 4)軽症の認知症状の早期診断と治療           

****************************************************************************************
■参加お申込みは下記よりお願い申し上げます。(本メールへの返信でも可能です)
 http://www.21-b.com/
 *当日のお申し込みはご遠慮の程お願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
フジサンケイビジネスアイ  
大手町経営者クラブ 事務局
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 実務と「理論」の関係性では... | トップ | BMAジャーナル最新号「ブロッ... »
最近の画像もっと見る

時代的キーワードのメモ」カテゴリの最新記事