チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財経営やBM、イノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・DND、「イノベーション25戦略会議」発足に寄せて~新企画・・・、・・・~

2006-10-26 | 筆者の講義構成及び特徴

DND 事務局の出口です。「Japan's new premier chases innovation」~「新首相のイノベーション旋風」とでも訳すのでしょうか。こんな洒落た見出しは、英国の科学誌NATURE10月19日号のNEWSでした。それにしても、にわかにイノベーションブーム、それは旋風という表現がよく似合います。

記事は、安倍首相が従来の慣習に縛られず、黒川清氏という科学振興を牽引してきた逸材を内閣特別顧問に任命したことを伝え、この起用は意外であった、とコメントしていました。

その理由は、これまでの4人の前任者は、いずれも経済、あるいは法律の専門家で、黒川氏のような科学技術の専門家の起用は異例で初めてであるからだ、という。

"To keep growing we need innovation that can totally change society, like the Industrial Revolution and the Internet."

この"To keep~"の英文は、取材に答える黒川氏がイノベーションの必要性を分かりやすく説明した談話の一部です。これが、誌面本文の真ん中に、ゴシック文字で目立つように組まれていました。写真と文章のバランスもよくレイアウトも素晴らしい。記者の署名に、Ichiko Fuyuno。

黒川さんの起用は、これでもわかるように存在がそのニュース価値を生み、自らが世界に強い発信力を持つ、ということの意味でもあり、もうそれだけでも内閣のパフォーマンスは多いに向上した、といえるかもしれません。

「安倍首相は科学技術の顧問の必要性を認識されていると思います」という前置きが本文にあって、その後に続く談話は「経済成長には、産業革命やインターネットのように、社会変革できる新たな科学や技術イノベーションが必要です」ということのようです。

全文はぜひ、DNDメールマガジン でお読み下さい。ただし、その前に、お急ぎの方はまずは DND 会員登録をお勧めします。

コメント   この記事についてブログを書く
« ・第14回慶應イノベーショ... | トップ | ・バイオ・IT融合分野にか... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

筆者の講義構成及び特徴」カテゴリの最新記事