チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネスやイノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

何よりも、AIなどは「あらゆる産業に影響を及ぼす」という特徴が気になる

2018-02-05 | AIビジネスをめぐる広場
いきなりではあるが、AI(汎用AI)、ビッグデータ、及びIoTは第四次産業革命の「汎用技術(GPT, General Purpose Technology)」となるものである。これらの汎用技術の特徴は、①あらゆる産業に影響を及ぼすこと、②補完的な発明を連鎖的に生じさせること、と言われている(総務省『情報通信白書』平成29年度版)。

歴史的には、第1次産業革命(1760-1830年代)は、石炭で動く蒸気機関の発明による機械工業化、第2次(1860~1900年代)は、石油と電力による大量生産と大量輸送の実現、第3次(1970年代~現在)は、IT技術の発展による生産の自動化と機械の制御、そしてこれから始まる第4次産業革命は、「人工知能(AI)とITによる考える工場、繋がる産業へ」と予測されている。何よりも「あらゆる産業に影響を及ぼす」という特徴が気になるポイントの一つである。

コメント   この記事についてブログを書く
« BMA主催イブニングセッション... | トップ | 周知協力|特許庁委託事業「... »
最近の画像もっと見る

AIビジネスをめぐる広場」カテゴリの最新記事