チェンジにチャンス、そしてチャレンジ!!!

立教大学ビジネスデザイン研究科(MBA)、知財ビジネスやイノベーションなどの関係者/関心者の方々との情報シェアの場

研究論文紹介|車載OSにおけるコンソーシアム型ビジネスモデルの課題(加藤&髙木)

2019-01-24 | ビジネスモデルのメモ帳
BMAジャーナル最新号に掲載されている研究論文「車載OSにおけるコンソーシアム型ビジネスモデルの課題~トヨタ主導AGL事例からの考察~」(By 加藤和彦 & 髙木純一)の目的は、変革期の自動車業界において、トヨタ自動車株式会社が主導する車載OSプロジェクト、AGL: Automotive Grade Linuxの戦略上の課題を導出することにある。その際、階層構造をもつ製品で、類似のビジネスモデルを遂行した事例との対比等をおこない、製品戦略の観点での知見を得る。そこでは、コモディティ化のリスクの認識と、収益確保の重要性ならびにデータの囲い込みの必須性を提起する、とされている。全文はこちらにてご参照下さい。

コメント   この記事についてブログを書く
« 実務者として、初のビジネスプラ... | トップ | 参加者募集|BMA主催 Evening... »
最近の画像もっと見る

ビジネスモデルのメモ帳」カテゴリの最新記事