記憶に残る思い出の地

東京生まれの横浜育ちの私が、大学卒業後、様々な地に転勤。日本国内のみならず、世界の国々に。そんな思い出の地を回想しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女心を擽る業平

2017-07-17 19:20:18 | 日記
【 月やあらぬ春や昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身として】

在原業平の詠んだ歌は数多あります。
平安の昔は、気に入った女性と出会ったら、その場で歌を詠んで贈ったそうです。
在原業平の歌のテクニックは、わかりませんが、恋のテクニックは大変なもの。

この歌にもみられますが、強引な一面を見せず、相手に同情心や女性の本性を擽り、
心を動かせる見事な歌ではないでしようか。
私は男性ですが、こんな歌を贈られたら
心が動く事間違いありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« auショップの対応の悪さ‼️ | トップ | ゴンドラの唄 発表から100年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事