RIKAの日常風景

日常のちょっとしたこと、想いなどを、エッセイ風に綴っていく。
今日も、一日お疲れさま。

最近。

2012-07-25 15:08:18 | 私の想い

 

   7月も、あっと言う間に終わりに近づいて来た。

  そして、最近は、連日の猛暑。今日は、荷物が届くこともあり、家で過ごしている。

 下の子は、お昼寝で、少し、ブログ更新できる余裕ができた。

 

 ここ最近のことを、少し書こうと思う。

 5月後半ぐらいまで、デザインの仕事をいくつか平行してやってて、忙しかったものの、充実もしていた。

 忙殺、とまではいかない、すごい、いい量の仕事内容でした。

 

 これを、持続させたいな、って思っていたのが、結局、2人育児にかまけて、営業をサボったつけで、

 6月以降、デザイン室の仕事はピタッと途絶えてしまいました。

 今は、また、2ヶ月に一回の、ポストカード納品だけを、レギュラーでやってる、そんな近況。

 

 下の子が、2歳で、やっぱり、まだまだ一日中手がかかる、そういう時期だから・・・。

 無理しなくていいのかなって。

 甘えかもしれないけど、でも、子どもたちが毎日無事で、過ごして、毎日過ぎていくのも

 それはそれで、大事かなぁって・・・。

 

 自分は、でも、どうも出かけるのが好きで、上の子(5歳)が夏休みに入ったら、

 さすがに、2人連れてのお出かけが、けっこうキツくて。。

 行きはまあいいとしても、帰りがしんどい。。

 坂が・・・・・・・・。

 

 バスは使えても、ベビーカーだし、上の子も寝ちゃう可能性もあったりで、なかなか

 自分の思うようにうまく行かない時も多々ある。

 

 それでも、昨日は、みなとみらいの「スマイルポート」へ行った。

 そこは、西区の子育て支援センター。なかなか規模が大きい。

 近所のママさんからの情報で知りました。

 

 以前一回行ったときは、たまたま月曜で休館だったけれど、昨日はちゃんとやってて。

 

 すごい、ひと言、よかった!!!

 リピーターになりそうです!!!

 5歳児には、ちょっとばかし物足りないかもしれないけど、2歳の子の方は最高な環境。

 ボーネルンドとかも興味あるし、実際一回行ったけれど、大人もお金がかかるのがちょっと引っかかって。。

 その点、ここは「無料!!」

 

 やっぱり、収入のほとんどない私にとって、こういうのは魅力です。

 お金、ないわけじゃないけど、やっぱり、節約は大事だなぁと思うので。

 

 でもでも、最近の暑さで、エアコンは我慢しないでつけるようにしています。

 お出かけして2000~3000円軽く使っちゃうのを考えれば、安いものですから。

 

 あぁ、ほんとは、7月納品のポストカードが気になっているのですが、

 どうも、真夏に秋のデザインを考える気分にならなくて、、、

 言い訳なんですがね・・・。

 

 あー、でも、納期迫ってるから、今週末~来週はやらなきゃなぁ。。

 

 あと、夏だからか、ダイエット、ちょっと気にしてます。

 今朝も、和食だったのですが、ご飯を抜きました、おかずだけ食べた。

 一日うちに居る日は結局間食してしまうのですが・・・

 せめて、ご飯少しにしないと・・・悪循環なのかもしれないけれど。。

 

 足、細くなりたーい!!

 お腹周り、贅肉、落としたーい!!!

 

 ほんと、もっと、焦らなきゃ、ほんとはまずいのかも。。。

 何らかの対策をしなければなぁ・・・。

 

 話は変わるけれど、

 スマホって電池の持ちが悪くて、けっこう不便です、、、。

 なんか、異様に減るの早いっ。

 使い過ぎなのかなぁ?いやそんなことはないはず。

 

 外出先での、もし、電池切れそうになったときの対策も、考えないと。

 やっぱり、子連れで、連絡出来なくなると不安。

 

 ではでは、とりとめもない文章になってしまいましたが、

 とりあえずUPします。

 

 皆様、引き続き、楽しい夏をお過ごしください。

 私の最近の密かな楽しみは、夜の読書です。☆

 今は、「楽園のカンヴァス」(原田マハ)読んでます。

 

 それでは、また。

 

 

 

 

コメント

映画のよさ。

2012-07-02 14:16:32 | 私の想い

 

  毎月1日は、映画の日。

 と言うことで、昨日久しぶりにレイトショーへ行って来た。

 横浜MM109シネマズ。

 観たのは、これ。http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone/index.html

 「一枚のめぐり逢い」。

 ひと言、良かった!

 すごく、どの場面も、良かった。

 キャストも、音楽も、どれも良かった。

 一般受けはどうか分からないにしても、少なくとも、私の中で最近では珍しく評価5だった。

 一つ、大きなテーマになっているのは、実の親がいちばん偉いのか?と言うこと。

 これは、重力ピエロにもテーマになっていた。

 実の親が、子供にとってかけがえのないのは、当たり前。

 だが、実際は、もしも、何らかの原因で親が離れていたとき、

 育ての親の影響を、子供は受ける。

 

 そのことに、私は、すごく、感銘を受けた。

 

 子供には、愛情が必須で、栄養と同じぐらい、大切だってこと。

 

 それと、この映画でもう一つテーマになってるのは、やはり恋愛。

 

 すごく、切ない。でも、すごく救いのあるストーリーで、泣かせる。

 

 戦争が、むごいってことぐらい、誰だって知ってる。

 それを再確認できたのも、よかった。

 

 人は、誰に頼らなくても生きていける?

 そんなのNOだと思う。

 

 頼ることは、いけないこと?

 全然そんなことない、お互いが、それで癒される。

 頼れる人、の存在。

 頼った分、何かの形で表せたら、いいんじゃないかな。

 

 スマートな生き方は、素敵だろう。

 でも、つまずいて、傷ついて、落ち込んで、

 その後に、いいことがあったとき、

 スマートな人の何倍もの喜びを感じられるだろう。

 

 自分は、けっしてスマートな人間じゃない。

 でも、そのことに、がっかりせず、前を見て生きていこう。

 

 私には、大切な家族がいて、そして、毎日帰る家がある。

 これ以上素晴らしいことって、ないんじゃない?

 

 当たり前の幸せを、再認識してくれる力が、

 

 映画には、ある。

 

 

 

 

 

 

 

  

コメント