バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

BLASTOCYSTCOMPLEMENTATIONを利用した臓器再生法

2018年06月12日 | 医療 医薬 健康
出願人: 国立大学法人 東京大学
発明者: 中内 啓光, 小林 俊寛, 李 允秀, 臼井 丈一

出願 2014-193027 (2014/09/22) 公開 2015-061525 (2015/04/02)

【要約】【課題】腎臓、すい臓、胸腺及び毛などの複数種の細胞からなる複雑な細胞構成を有する哺乳動物の臓器を、非ヒト動物の生体中で作成する方法の提供。【解決手段】キメラ動物・アッセイを、固形臓器の新規作製方法に応用し、キメラ動物・アッセイを、成体腎臓の大部分へ分化する後腎間葉の機能異常により腎臓、すい臓、胸腺及び毛が欠損するモデルマウスを、胚盤胞補完作用によりレスキューすることにより、新規に腎臓、すい臓、胸腺及び毛を製造する方法。

https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2015061525/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤い光で死滅 薬剤、遺伝子... | トップ | 意外な3生物にまたがる共生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事