バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

尿中マイクロRNAから「癌」を特定!

2017年12月18日 | 医療 医薬 健康

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.12.18

科学技術振興機構 名古屋大学 九州大学 国立がん研究センター 日本医療研究開発機構
本研究では、ナノスケールの棒(ナノワイヤ) 注3を用いて、尿中の細胞外小胞体を捕捉する新しい技術を構築し、そのナノワイヤが尿中細胞外小胞体を99%以上捕捉する新しい素材であることを発見しました(図1)。また、このナノワイヤで捕捉した尿中細胞外小胞体の内部のマイクロRNAを解析すると、1000種類以上のマイクロRNAが尿中に存在していることも世界で初めて発見しました(人間のマイクロRNAは2000種類以上見つかっているのに対し、従来の技術では200~300種類しか見つかっていなかった)(図2)。さらに、がん患者/非がん患者の尿を用いた解析を行うことで、がん患者/非がん患者で特異的に発現しているマイクロRNAが存在することを明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/66202
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« グリアジンCAPを用いたアレル... | トップ | 食物アレルギーで増える脂質... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事