バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

心不全促すタンパク質 研究グループ発見 

2016年09月29日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
熊本大
毎日新聞2016年9月29日 

 熊本大大学院生命科学研究部の尾池雄一教授(分子医学)の研究グループは、心筋細胞から過剰に分泌されたたんぱく質の一種が心不全を発症させることを発見した。心不全の新たな治療法の開発につながる可能性があり28日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。
http://mainichi.jp/articles/20160929/k00/00e/040/129000c
コメント   この記事についてブログを書く
« なぜはしか(麻疹)が流行し始... | トップ | 〝新〟免疫療法は「爆発的な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

酵素・蛋白質・ペプチド・核酸」カテゴリの最新記事