バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

葉菜類農産物の高機能化栽培方法

2018年08月20日 | 健康・栄養機能性成分
出願人: 株式会社荏原製作所
発明者: 増田 和成, 植木 庸幸, 黒田 哲生, 和田 政裕, 真野 博

出願 2004-235840 (2004/08/13) 公開 2006-050985 (2006/02/23)

【要約】【課題】 野菜が本来有している健康機能性を強化・誘導し、消費者の健康維持・疾病予防に効果のある野菜の生産方法を提供する。【解決手段】 カルシウム濃度の高い液体肥料及び/又はカルシウム濃度の高い水を潅水してホウレンソウの栽培を行うことにより、又は栽培時の培地中の水分を抑制してホウレンソウに水ストレスを付加することにより、好ましくは培地のpF値を2.0を超える値にして水ストレスを付加し、又は磁気処理した液体肥料をホウレンソウの栽培に利用することにより、ホウレンソウの糖尿病抑制機能および造血機能を促すエリスロポエチン産生遺伝子の発現促進機能を高めることを特徴とする葉菜類農産物の高機能化栽培方法。

https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2006050985/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 機能の腫瘍診断試薬及び方法 | トップ | iPS細胞使った臨床研究申... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・栄養機能性成分」カテゴリの最新記事