バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

双極性障害におけるミトコンドリアとセロトニンの関係

2018年06月11日 | 神経 脳 リューマチ 疼痛
―Ant1変異マウスの解析から新しい治療法の開発への道筋―

日本の研究 プレスリリース 掲載日:2018.06.11
理化学研究所 日本医療研究開発機構 

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームの加藤忠史チームリーダーらの共同研究チーム※は、双極性障害(躁うつ病)[1]の病態において、ミトコンドリア[2]機能障害がセロトニン[3]神経の活動変化を引き起こすことを発見しました。

https://research-er.jp/articles/view/71470


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「どまんなか」で認知症予防... | トップ | 世界初! 内臓の左右非対称な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神経 脳 リューマチ 疼痛」カテゴリの最新記事