バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

オオキンケイギクに抗がん作用 岐阜大・纐纈教授発見

2015年12月30日 | 医療 医薬 健康

オオキンケイギクに抗がん作用 岐阜大・纐纈教授発見

岐阜新聞Web 12月30日(水)9時18分配信

 岐阜大工学部の纐纈守教授(54)=天然物化学=の研究グループが、例年5~7月に鮮やかな黄色に咲き誇るオオキンケイギクの花に抗がん作用のある有用物質が含まれていることを突き止めた。県内全域に生育域を拡大している特定外来生物で、纐纈教授は「有効利用により駆除に弾みが付けば」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00001260-gifuweb-l21
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« <化血研>業務停止110日... | トップ | 悪性腫瘍治療における生命予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事