バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞から染色体1本を取り出して解きほぐす技術を開発

2018年09月16日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
〜基礎生命科学から、がん/再生医療まで幅広い研究分野への貢献に期待〜


 東京大学大学院工学系研究科の高橋智博大学院生(研究当時)、小穴英廣准教授らの研究グループは、旭川医科大学の上田潤准教授、近畿大学の山縣一夫准教授との共同研究により、顕微鏡のステージ上、マイクロ流体デバイス内で、狙った 1 個の動物細胞を破砕して染色体を取り出し、マイクロ流体デバイス内の溶液条件を制御することによって「顕微鏡下・その場」で染色体の折り畳み度合い変化のリアルタイム観察および解きほぐしを行い、クロマチンファイバーへと展開する技術を開発しました。

https://research-er.jp/articles/view/73737
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« がん新規患者3年連続100万人... | トップ | カプシノイド含有マイクロカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BioTech生物工学 遺伝子工学」カテゴリの最新記事