バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

生命誕生に迫る始原的代謝系の発見

2018年02月03日 | 生命科学 生物誌
生命誕生に迫る始原的代謝系の発見 ~多元的オミクス研究による新奇TCA回路の証明~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2018.02.02
北海道大学 海洋研究開発機構 京都大学 製品評価技術基盤機構

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という)海洋生命理工学研究開発センターの布浦拓郎主任研究員らは、北海道大学(総長 名和 豊春)、京都大学(総長 山極 壽一)、製品評価技術基盤機構(理事長 辰巳 敬、以下「NITE」という)と共同で、南部沖縄トラフの熱水活動域から採取した試料より単離した細菌が、アミノ酸など生命に必須の化合物の生合成に不可欠なTCA回路(tricarboxylic acid 回路:クエン酸回路)の中でも、最も始原的な形態の回路を有することを発見しました。
https://research-er.jp/articles/view/67541
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 発達期のシナプス刈り込みを... | トップ | 鳥インフルエンザウイルスに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生命科学 生物誌」カテゴリの最新記事