バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒト人工染色体(HAC)ベクター

2010年11月02日 | からだと遺伝子
出願番号 : 特許出願2009-185530 出願日 : 2009年8月10日
公開番号 : 特許公開2010-4887 公開日 : 2010年1月14日
出願人 : 協和発酵キリン株式会社 発明者 : 押村 光雄 外4名

【課題】細胞中で安定に保持され、大きなサイズの外来遺伝子を簡便に挿入し、細胞に導入することができるヒト人工染色体ベクター及びその作製方法の提供。
【解決手段】長腕遠位及び/又は短腕遠位が削除されたヒト21番染色体断片を含み、長腕近位及び/又は短腕近位に部位特異的組換え酵素の認識部位が挿入されているヒト人工染色体(HAC)ベクター及びその作製方法。ヒト人工染色体ベクターを用いた外来DNAの導入方法、外来DNA発現細胞の作製方法及びタンパク質の製造方法。ekouhou 特許公開・明細書(全文)


出願番号 : 特許出願2009-185530 出願日 : 2009年8月10日
公開番号 : 特許公開2010-4887 公開日 : 2010年1月14日
出願人 : 協和発酵キリン株式会社 発明者 : 押村 光雄 外4名
発明の名称 : ヒト人工染色体(HAC)ベクター

【課題】細胞中で安定に保持され、大きなサイズの外来遺伝子を簡便に挿入し、細胞に導入することができるヒト人工染色体ベクター及びその作製方法の提供。
【解決手段】長腕遠位及び/又は短腕遠位が削除されたヒト21番染色体断片を含み、長腕近位及び/又は短腕近位に部位特異的組換え酵素の認識部位が挿入されているヒト人工染色体(HAC)ベクター及びその作製方法。ヒト人工染色体ベクターを用いた外来DNAの導入方法、外来DNA発現細胞の作製方法及びタンパク質の製造方法。
ekouhou 特許公開・明細書(全文)
コメント   この記事についてブログを書く
« ノッチリガンド分子の遺伝子... | トップ | DNAポリメラーゼの製造方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

からだと遺伝子」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事