バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

炎症性腸疾患予防・治療剤

2019年05月21日 | 医療 医薬 健康
出願人: 日本製紙ケミカル株式会社, ミヤリサン製薬株式会社
発明者: 田中 守, 把田 雅彦, 高橋 志達

出願 2007-256146 (2007/09/28) 公開 2009-084215 (2009/04/23)

【要約】【課題】本発明の目的は炎症性腸疾患の予防・治療剤もしくは病態の悪化、即ち、緩解期から活動期への移行阻止、再燃を防止する有効成分を見出すことである。また、炎症性腸疾患の予防・治療効果と共に、安全性・嗜好性にも優れ、食事療法に用いた場合でも、患者への負担がかからないものを見出すことをも目的としている。【解決手段】本発明は、酪酸菌とセロオリゴ糖とを有効成分とすることを特徴とする炎症性腸疾患予防・治療剤を提供する。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009084215/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
コメント   この記事についてブログを書く
« 微生物を活用した口内炎及び... | トップ | AI 早期肺がん94%見分ける... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事