バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ピーナッツアレルギーを改善する臨床試験

2018年12月08日 | アレルギー アトピー

アレルゲンを徐々に増量する脱感作療法のフェーズ3試験

日経メディカル 2018/12/5
大西 淳子=医学ジャーナリスト

 米Aimmune Therapeutics社のDaniel C. Adelman氏らは、ピーナツアレルギーと診断された患者を対象に、ピーナッツ蛋白質を主成分とする経口免疫薬AR101を徐々に増量していく脱感作療法のフェーズ3試験を実施し、介入群の患者ではプラセボ群に比べ、約1年後のピーナッツの耐用摂取量が大きく上昇する患者の割合が高かったと報告した。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/nejm/201812/558874.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 肥満を抑制する遺伝子を同定... | トップ | 動物組織からクローン動物な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アレルギー アトピー」カテゴリの最新記事