バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

竹・笹抽出成分:飼料用添加剤

2005年12月30日 | 飼料 水畜産
出願番号 : 特許出願2003-398608 出願日 : 2003年11月28日
公開番号 : 特許公開2005-151928 公開日 : 2005年6月16日
出願人 : 東洋インキ製造株式会社 外1名 発明者 : 大友 良介 外1名

発明の名称 : 飼料用添加剤

【課題】本発明は、抗菌性および抗ウイルス性を有する竹または笹の抽出成分をペット、家畜、家禽または水産養殖魚用の飼料に練りこみ混合もしくは塗布もしくは包み込むことにより、ペットにあっては健康を維持し疾病からの回復促進ができる飼料用添加剤を、家畜、家禽または養殖魚にあっては抗生物質等の薬剤の使用を廃止でき、痢病率の低下、微量栄養素の不足状態化の回避、肉質、芳香、味の向上等を企図でき、しかも安心して食用に供することのできる飼料用添加剤を提供しようとするものである。
【解決手段】合成抗菌剤あるいは抗生物質を使用せずに天然由来の竹または笹の抽出成分をペット、家畜、家禽または水産養殖魚用の飼料に練りこみ混合もしくは塗布もしくは包み込むことにより痢病率の低下、微量栄養素の不足状態化の回避、肉質、芳香、味の向上等を企図でき、しかも安心して食用に供することのできる飼料用添加剤を提供できる。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「患者適応型ES細胞なし」... | トップ | 家禽の抗カンピロバクター剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

飼料 水畜産」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事