バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

イミダゾールジペプチド含有組成物の製造方法 焼津水産

2018年05月20日 | 健康・栄養機能性成分
出願人: 焼津水産化学工業株式会社
発明者: 山村 昭博, 渡邊 一浩

出願 2009-084476 (2009/03/31) 公開 2010-235503 (2010/10/21)

【要約】【課題】魚介類、家禽、家畜又は鯨から得られるエキス類を原料としてイミダゾールジペプチドを含有する組成物を得る方法において、より効率的にイミダゾールジペプチドの精製度を高めることができる技術を提供する。【解決手段】魚介類、家禽、家畜又は鯨から得られたエキス類を強酸性イオン交換樹脂に接触させ前記エキス類に含まれるイミダゾールジペプチドを前記強酸性イオン交換樹脂に吸着させた後、塩基性の第一溶出溶媒で該第一溶出溶媒による溶出液のpHが4.5~7.5になるようにして該溶出液に溶出する成分を除去し、更に、塩基性の第二溶出溶媒で該第二溶出溶媒による溶出液のpHが7.5以上になるようにして、溶出するイミダゾールジペプチドを回収することによりイミダゾールジペプチド含有組成物を得る。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2010235503/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« イミダゾールジペプチド含有... | トップ | イミダゾールジペプチド含有... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・栄養機能性成分」カテゴリの最新記事