バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

「患者適応型ES細胞なし」ソウル大調査委

2005年12月29日 | 医療 医薬 健康
ソウル大調査委員会は29日午前、記者懇談会で盧貞恵(ノ・ジョンヘ)研究処長を通じてこのような結果を発表した。調査委は「黄教授が記者会見で言及した初期凍結された5個の幹細胞株を含む8個の細胞株すべて患者体細胞と一致せず、ミズメディ病院に保管された受精卵幹細胞と確認された」と明らかにした。 中央日報(韓国)2005-12-29
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« アサヒフードアンドヘルスケ... | トップ | 竹・笹抽出成分:飼料用添加剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

論文の完全な捏造確認 ES細胞、存在せず ((・ω・))
 【ソウル29日共同】韓国ソウル大の黄禹錫教授による胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究疑惑を調査中の同大調査委員会は29日、ことし5月に黄教授が「患者の体細胞を基にしたヒトクローン胚から11個のES細胞をつくった」とする論文を米科学誌サイエンスに発表した.
28071ac9f5ed9856ba1b (28071ac9f5ed9856ba1b26b6a5d38a87)
28071ac9f5ed9856ba1b26b6a5d38a8728071ac9f5ed