バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

今後は抗がん剤などが拡大をけん引する医療用医薬品の国内市場

2018年02月15日 | 医療 医薬 健康

眼科・耳鼻咽喉科疾患治療剤、皮膚科領域などの調査に加え
今後は抗がん剤などが拡大をけん引する医療用医薬品の国内市場を総括分析
― 2024年市場予測(2016年比) ―
■医療用医薬品 9兆5,528億円(5.9%増)
~抗がん剤が拡大をけん引。その他循環器疾患治療剤、中枢神経領域、整形外科領域なども伸びる~
●眼科・耳鼻咽喉科疾患治療剤 3,779億円(20.8%増)
~黄斑変性症治療剤の大幅な需要増加や緑内障治療剤の堅実な伸びで拡大が続く~
●皮膚科領域 2,920億円(43.8%増) ~構成比の大きい皮脂欠乏症治療剤・皮膚軟化剤がけん引~

http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/180129_18006.pdf
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« タンパク質相対定量方法 | トップ | がんの「ゲノム医療」 全国11... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事