バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

有機化学は炭素に限るか? ~有機化学と無機化学を隔てる百年の謎に終止符 ~

2018年06月11日 | 生命科学 生物誌

日本の研究>>プレスリリース 掲載日:2018.06.11
横浜国立大学

横浜国立大学の量子化学研究グループが、炭素化合物の不飽和結合において、シリコン化合物とは異なり、内殻電子が結合性に寄与することを世界で初めて発見しました。世界最高精度の第一原理計算の結果、炭素分子は内殻電子のトポロジーを変えられ、価電子が自在に共有結合を形成できるのに対し、シリコンを含むほとんどの元素では結合形成をしても内殻のトポロジーを変えないため柔軟な結合形成は阻害されることがわかりました。本研究から、生命における有機化合物の炭素は他の元素で置き換えられないことの根本的な原因が明らかになりました。
https://research-er.jp/articles/view/71460
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界初! 内臓の左右非対称な... | トップ | 赤い光で死滅 薬剤、遺伝子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生命科学 生物誌」カテゴリの最新記事