バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

東大論文問題:RNA第一人者・多比良教授を処分へ--裏付け資料出せず

2005年12月30日 | 創薬 生化学 薬理学
東京大大学院工学系研究科の多比良和誠(たいらかずなり)教授らが発表した論文について、「裏付けるデータがない」として大学が調査していた問題で、教授側は期限までに実験結果の裏付け資料を大学側に提出できないことが28日、分かった。これを受け同大は教授と研究グループを処分することになった。
MSN 毎日新聞 2005年12月29日 東京朝刊 関連情報>>RIIBS Japan
コメント   この記事についてブログを書く
« ティーツリー精油の新規用途 | トップ | 植物遺伝子置き換え自在 石... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事