バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒト腸上皮組織の新規培養技術を開発

2018年12月08日 | 細胞と再生医療
-「腸らしい」腸を作るための2つの因子を同定-

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2018.12.07
慶應義塾大学

本研究成果によって、より本来の組織に近いヒトの腸上皮組織を体外で構築することが可能となります。今後この新規培養技術が普及することで、従来、臨床試験や動物モデルを用いた研究で行っていた薬剤試験などを培養皿上で簡便にかつ高い精度で行えるようになることが期待されます。
https://research-er.jp/articles/view/75876
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アボカド由来の成分が抗がん... | トップ | 肥満を抑制する遺伝子を同定... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事