バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

東北メディカル・メガバンク機構の保存血液、iPS細胞研究に利用へ

2019年05月22日 | 医療 医薬 健康
東北メディカル・メガバンク機構の保存血液、iPS細胞研究に利用へ
大学ジャーナルオンライン編集部
iPS細胞再生医療京都大学東北大学 1
 東北大学東北メディカル・メガバンク機構と京都大学iPS細胞研究所は、同機構が保存する6人分の血液細胞からiPS細胞を作ったことを明らかにした。いずれも健康な人の細胞で、病気治療や予防法確立を目指し、基礎研究に用いる。今後、同機構が保存する約15万人分の血液細胞から必要に応じてiPS細胞を作れる道が開けた。
https://univ-journal.jp/25527/
コメント   この記事についてブログを書く
« 遺伝情報の正確な伝達を保証... | トップ | タンパク質のリン酸化抑制に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事