バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

膚腫瘍の良悪性を判定する人工知能診断補助システムを開発

2018年07月12日 | 医療 医薬 健康
~専門医よりも正確な診断が可能に~

日本の研究>>プレスリリース 掲載日:2018.07.12
筑波大学

 国立大学法人筑波大学医学医療系の藤本学教授、藤澤康弘准教授と京セラコミュニケーションシステム株式会社の共同研究グループは、筑波大学が所蔵している臨床写真を用いて、90%以上という非常に高い診断精度を有する皮膚腫瘍人工知能診断補助システムを開発しました
https://research-er.jp/articles/view/72405
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フェルラ酸誘導体含有組成物... | トップ | 文化財になったのに解体? 野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事