バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

カプシノイド含有マイクロカプセルの製造法

2018年09月16日 | 健康・栄養機能性成分
出願人: 味の素株式会社
発明者: 高倉 友紀子, 丸山 健太郎

出願 JP2005014868 (2005/08/08) 公開 WO2006016685 (2006/02/16)

【要約】カプシノイドを含有するマイクロカプセルを提供する。カプセル壁材の材料を0.001~50%含む親水性溶液1重量部に対しカプシノイドを含有する疎水性材料を0.01~10重量部含む、メジアン径が0.01~1000μmであるカプシノイド含有マイクロカプセルが提供される。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2006016685/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 細胞から染色体1本を取り出し... | トップ | 弱毒性カンキツ矮化ウイロイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・栄養機能性成分」カテゴリの最新記事