バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

第一三共 iPS細胞由来インスリン産生細胞のオープンイノベーション研究開始 東工大などと

2019年01月13日 | NEWSクリッピング

ミクスonline.,2019/01/11 03:50

第一三共、三菱UFJキャピタル、東京工業大学は1月10日、iPS細胞からインスリン産生細胞を作製し、再生医療・細胞治療への活用を目指すオープンイノベーション研究を開始すると発表した。同研究では、iPS細胞由来のインスリン産生細胞の更なる性能の向上と作製法の改良を行い、従来のインスリン治療では血糖コントロールが困難でアンメットメディカルニーズの高い重症1型糖尿病に対する革新的な治療法の実用化につなげる。
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/66858/Default.aspx
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中外製薬 製品情報問い合わ... | トップ | 厚労省 フルオロキノロン系... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事