バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

悪性腫瘍治療における生命予後の改善剤

2015年12月30日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: 財団法人化学及血清療法研究所
発明者: 岡嶋 研二, 松尾 富士男, 須藤 博之, 緒方 洋一, 中垣 智弘

出願 JP2003016858 (2003/12/26) 公開 WO2004060395 (2004/07/22)

【要約】悪性腫瘍の治療において、とりわけ造血器悪性腫瘍を基礎疾患とするDIC患者の生命予後を改善し得る生命予後の改善剤を提供する。血漿由来または遺伝子組換え技術を駆使して調製される活性化プロテインCを主たる有効成分とする、悪性腫瘍治療、とりわけ造血器悪性腫瘍を基礎疾患とするDIC患者の生命予後に効果的な改善剤である。当該生命予後の改善剤は、とりわけ悪性腫瘍の化学療法におけ化学療法剤の副作用を軽減し、治療効果を高める作用を有し、悪性腫瘍患者の生命予後を改善する。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2004060395/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オオキンケイギクに抗がん作... | トップ | 細胞膜透過性を有する製剤、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌 ガン がん 腫瘍」カテゴリの最新記事