バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

内臓脂肪特異的低減剤

2018年08月15日 | 健康・栄養機能性成分
内臓脂肪特異的低減剤

出願人: 協和発酵バイオ株式会社, 国立大学法人 大分大学google_iconyahoo_icon発明者: 池田 武史, 森下 幸治, 吉松 博信, 坂田 利家

出願 JP2008069003 (2008/10/21) 公開 WO2009054360 (2009/04/30)

【要約】ヒト、特に肥満者の内臓脂肪特異的低減剤を提供する。本発明は、ヒスチジンまたはその塩を有効成分として含有する、ヒト、特に肥満者に対する内臓脂肪特異的低減剤を提供する。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2009054360/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« iPS細胞の小分子制御 | トップ | 敗血症治療又は予防用栄養組成物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・栄養機能性成分」カテゴリの最新記事