バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

婦人科悪性腫瘍に対する癌ワクチン療法施行中のマクロファージの動態

2010年11月30日 | 医療 医薬 健康
2008年度 研究実績報告書
代表者:大野 智
 本研究では、がん免疫療法(WT1ペプチドワクチン療法)施行期間中の樹状細胞(単球系細胞)の動態や検討するとともに、その結果と臨床効果との関連について検討することを目的としている。 科学研究補助金DB 研究課題番号:19791140
コメント   この記事についてブログを書く
« 神経変性疾患に有効な伝統薬... | トップ | 機能性食品素材としての蜂産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事