バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

内臓脂肪蓄積抑制剤

2018年09月17日 | 医療 医薬 健康
出願人: ユニチカ株式会社
発明者: 西川 善弘, 橋本 麻美子, 木村 隆, 山元 英樹

出願 2008-130837 (2008/05/19) 公開 2009-280501 (2009/12/03)

【要約】【課題】 天然物由来の成分であって、日常生活における摂取により効果が期待できる、安全かつ効果的な内臓脂肪蓄積抑制剤を提供する。【解決手段】 L−アラビノースとスクロースとを有効成分として含有した内臓脂肪蓄積抑制剤であって、該内臓脂肪蓄積抑制剤は、例えば、ビートパルプ2Kgにアラバナーゼ水溶液を2L添加し、混和、55℃で24時間反応した後、反応物を圧搾し、その搾汁1.8Lを限外濾過膜(分画分子量6000)に通し得られた膜透過液を陽イオン交換カラム(ダイアイオンSKシリーズ)、陰イオン交換カラム(ダイアイオンWAシリーズ)、ならびに混床カラム(ダイアイオンSKシリーズ+PAシリーズ)に順次通したものに、スクロースを添加し乾燥して得られる。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009280501/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 免疫調節蛋白質の製造方法 | トップ | ゲノム編集でモチモチしたジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事