バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

次世代インフルエンザワクチン研究の新アプローチ

2018年06月13日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

ワクチンを科学的にデザインする試み

化学と生物 Vol.56 No.6 Page. 384 - 385 (published date : 2018年5月20日)
高橋 宜聖1国立感染症研究所免疫部

免疫学と他分野との融合により,従来のワクチンでは誘導できないような希少かつ高性能な抗体を持続性よく誘導するワクチン抗原の研究開発が近年盛んに進められている.ここでは本分野の最新動向について解説したい.
https://katosei.jsbba.or.jp/index.php?aid=988&back_bn_show=138&bt=on



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 意外な3生物にまたがる共生... | トップ | B型肝炎ウイルスによる新規の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事