バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

植物遺伝子置き換え自在 石川県立大、森助教授ら新技術考案 色や形、性質変わる

2005年12月30日 | 植物&農業
 植物の細胞内に改造した遺伝子を組み込み、本来の遺伝子と置き換えて容易に性質を改変する技術を、石川県立大生物資源工学研究所の森正之助教授の研究グループが考案した。植物遺伝子工学分野ではこれまで、新たな遺伝子を加えて組み込んだり、特定の遺伝子の働きを抑える技術にとどまっていた。
詳細>>北国新聞2005-12-29
コメント   この記事についてブログを書く
« 東大論文問題:RNA第一人... | トップ | コンドロイチン硫酸の製造方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植物&農業」カテゴリの最新記事