バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

結核の日本医大教授、診療続け患者感染か 11人が陽性

2018年11月09日 | NEWSクリッピング

2018/11/9 朝日新聞デジタル

 日本医科大病院(東京都文京区)で、肺結核を発病した医師がそのまま診療を続け、複数の患者が菌に感染した疑いがあることが9日、わかった。同日時点で検査を受けた11人から陽性反応が出た。2016年ごろから発病していた可能性が高いが、今年7月まで診察を続けていた。今のところ結核を発病した人はいないという。Yahooニュース.,2018-11-09

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« iPS細胞 パーキンソン病患... | トップ | プロセシンググルコシダーゼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事