バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

免疫応答を刺激するための吸着された抗原を有するマイクロパーティクルの使用

2018年08月19日 | 医療 医薬 健康
出願人: ノバルティス バクシンズ アンド ダイアグノスティックス,インコーポレーテッド

出願 2008-308030 (2008/12/02) 公開 2009-102338 (2009/05/14)

発明者: デレク オハーガン, ギャリー バンネスト, ギャリー エス. オット, ジョン バラックマン, ジーナ カザズ

【要約】【課題】種々の薬学的組成物およびワクチンにおいて使用するための効果的かつ安全なアジュバントを提供することを、本発明の解決すべき課題とする。【解決手段】上記課題は、ポリ(α−ヒドロキシ酸)マイクロパーティクルに吸着された、選択されたウイルス抗原および薬学的に受容可能な賦形剤を含む組成物を提供することによって、解決された。好ましくは、このマイクロパーティクルは、ポリ(L−ラクチド)、ポリ(D,L−ラクチド)、およびポリ(D,L−ラクチド−コ−グリコリド)からなる群より選択されるポリ(α−ヒドロキシ酸)から形成される。
https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009102338/

審査請求:有 審査最終処分:取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 抗PD−1抗体並びにその治療... | トップ | 組換えRNAウイルス及びそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事